大外一気で連覇狙うカフジテイク 敵は「昨年出走していなかった馬」

優馬TM座談会
根岸S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

昨年とは違う リベンジに燃える実力馬たち

デスク「昨年のこのレースでは4着止まりだったキングズガードだけど、同じレースを使うことが多いカフジテイクとは、勝ったり負けたりで、そう差はないよな」

大江原「特に、1400mでは昨年のプロキオンSでもカフジテイクに完勝しているように、キングズガードにとって最も力を発揮できる距離だよな。完全に距離が長かったと言える前走のチャンピオンズCでも、カフジとは同タイムだったし、上がりはメンバー最速だった点を評価すべきじゃないか?」

加茂「ラストの脚だけならGIでも通用することは証明できたと言えるやろ。東京だと昨年のように内にモタれる面もあるんやけど、同じ左回りの中京では真っ直ぐ走れてたし、昨年よりも力を付けとることも確かやで。ペースさえ向けばチャンスは十分にあるやろ」

馬場「昨年はシンガリ負けを喫したノボバカラですが、大外枠から出遅れる最悪の形で参考外の一戦でしたからね。本来はダート1400mを最も得意としている馬ですし、有力どころに差し馬が多いだけに、巧く先行して自分の形に持ち込めば面白いと思いますよ」

デスク「あと気になるのは、これが初距離となるノンコノユメだな。前走のチャンピオンズCでは、俺も文字通り夢を託しただけに、そう簡単には見限れないんだ」

小島「前走については“2走前のように直線で思い切って外へ出して欲しかったんだが、内枠もあってストレスの溜まる競馬だったね。力を出し切れなかったよ”と、加藤征師は振り返ってました。ここ2週の素晴らしい動きから、体調面に不安はありませんが、やはり問題は距離でしょう。“忙しいのは確かだけど、次のフェブラリーSを使う上では、この距離の方が色々な意味でピリッとするかな。今回はそのあたりに期待したい”と、あくまで本番を見据えたコメントなんですよ。ひょっとすると1400mが合う可能性もありますが、積極的にはオススメできませんね」

ノンコノユメ

2年以上も勝ち星から遠ざかっているノンコノユメ(撮影:日刊ゲンダイ)

坂倉「穴なら、ということでオススメしたいのはブラゾンドゥリスですよ。尾形和師は“前走は4コーナーで後方の内だったから、もうダメかと思ったけど、インを割ってよく伸びたね”と話してましたが、モマれ弱さがネックの馬だっただけに、こういう競馬ができたことは大きな収穫です。その前走よりも相手は揃っていますが“とにかく冬場は体調も安定している馬だし、東京ダート1400mもベストの舞台”とのことなら、可能性はありますよ」

木谷「僕は昨年7月の次点で“今度こそ”と言っていた極くんのアキトクレッセントですね。いや、ホントに今度こそですよ。極くんはダートの単勝回収率が140%もありますし、複勝回収率も100%超えですから、ホントにそのうち儲かるはずなんですが…。デスクもノンコで夢をもう一度ですか?」

デスク「コジにあんなこと言われたら、ちょっとなぁ…。で、にっちもさっちもどうにもいかないのでブルドッグボスだ。中央にいた頃は1200mの馬だったけど、前走はマイル戦で楽勝しているし、今なら1400mくらいがちょうどいいんじゃないかと思うんだが…」

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル