「誰が乗っても」レイデオロ 池江寿師控え目のアルアイン

優馬TM座談会
京都記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気で差が付いたダービー馬vs.皐月賞馬 勝利の女神はどちらに

デスク「なんか凄いメンバーが揃ったな。4歳のGI馬が4頭、そして勝ってないけど前走がGI2着だった馬も2頭いるんだから、これは近年にないハイレベルなんじゃないか」

桜井「そうですね。以前は天皇賞や宝塚記念を目指す馬たちの始動戦のひとつ、といったポジションでしたが、大阪杯のGI昇格や、ドバイを目指す馬にとっての格好のステップとなることで重要度が増した感を受けますね。そういう意味でも、ここはレイデオロがダービー馬の貫禄を示してくれるでしょう。昨年こそ、ダービー馬マカヒキが凱旋門賞からの帰国緒戦で3着に敗れましたが、臨戦過程が違いますし、素直に力を信じます」

中邑レイデオロは、秋の大目標だったジャパンカップこそ2着に敗れましたが、勝ち馬とは道中のコース取りの差だけだったと言えますし、GI馬が揃ったとはいえ全て同世代で牝馬も2頭というメンバーなら、負けられないでしょう」

田崎「今回は中邑君に激しく同意しますね。ジャパンCで2着とはいえ、キタサンブラックに先着しているんですから、世代のみならず現役最強レベルの力を示したと言えるでしょう。不安があるとすれば、ルメール騎手が乗れなくなったことでしょうが、センスのいい馬だけに、誰が乗っても、という感すら受けますね」

デスク「陣営も、当然ながら自信満々なんだろうな」

馬場「前走については、皆さんも言われた通りですが“1コーナーで少しタイトになりポジションを下げる形になったし、4コーナーで外を回したことを考えるとキタサンブラックを交わして勝ち馬に迫った内容は強いものだった”と、陣営も負けて強しを再認識したようです。その後は放牧に出ましたが帰厩後は順調そのもので“体高が伸びて馬体面で成長を感じるし、秋以降は体と気持ちが大分噛み合ってきている印象。京都は初めてだが中山や阪神での内容から右回りは問題ないし、雨予報もむしろ少し時計がかかり地力勝負になるようなら望むところ。神戸新聞杯の時と同じくらいのデキ、仕上がりにある”とのこと。これなら、ドバイへ向けてのいいステップが期待できるはずですよ」

レイデオロ

帰厩後も順調に調整を重ねてきたレイデオロ(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「対して、皐月賞馬アルアインは、セントライト記念の2着はまだいいとしても、菊花賞が負け過ぎたからな」

加茂「菊花賞は、あんな馬場もあったし、そもそも距離が長かったんとちゃうやろか。ベストは皐月賞の2000mやけど、直線平坦の京都ならあと200は誤魔化せるはず。これで良馬場の時計勝負になるんやったら、◎もあったんやけどな」

須藤アルアインは、対レイデオロには皐月賞とダービーで1勝1敗ですからね。勝負付けが済んでいるわけではありませんよ。2度目になるとはいえ、レイデオロには長距離輸送があるわけですし、地元の利を生かして、というシーンも十分に考えられます」

デスク「でも、こっちはドバイへのステップではないんだよな」

那谷「菊花賞の後は背腰に疲れが残って香港遠征を取り止めたんだけど、春の目標である大阪杯からローテを逆算しての始動になるんだ。“大型馬の休み明けになるし、まだ腹回りにも余裕がある。次につながるレースができれば”と、池江寿師は思った以上に控え目だったけど、年明けに帰厩してから坂路とコースで合計10本としっかり乗り込まれているし、調整過程はいたって順調だよ。当日の馬体重が鍵となるけど、10キロ増くらいなら成長分と見ていいかもな。あとは展開。勝った毎日杯や皐月賞のような淀みのない流れが理想で、スローの瞬発力勝負になりそうな今回は分が悪いとみて◎は打てなかったけど、皐月賞馬として格好を付ける走りは見せてくれると思うぞ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル