ダノンプレミアムは5位止まり 波乱の香り漂う日本ダービー調教BEST5

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。ダービー出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。皐月賞回避のダノンプレミアムの状態は如何に? 各馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

調教BEST5
日本ダービー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5位 ダノンプレミアム

1)ダノンプレミアム
牡3 (栗)中内田充
[好気配]川田23日栗CW良
69.7 – 52.8 – 37.8 – 11.5 (5)馬なり
気配…A 動き…A 総合評価…88点
間隔はあいたが好仕上がり。終い鋭い動きが目立つ。

最終追いでは一瞬、行きたがるようなシーンもあったが、折り合いはOK。終始楽な手応えで軽快な伸び脚を披露。気性面を考慮すれば単走&馬なりの最終調整は妥当だろう。1週前にはCWコースで5F64秒0-1F11秒6、先行馬を一瞬で抜き去る抜群の動き。弥生賞以来だが負荷は十分にかけられており、態勢は整った。

中内田師「馬のリズムを重視して気持ち良く走らせる事に。いい追い切りができました。」

パドックここをCHECK→弥生賞のパドックではやや小走りでテンションも高かった。馬体のデキ云々ではなく、とにかく落ち着いて臨めるかが鍵に。

ダノンプレミアム

久々でも状態を整えてきたダノンプレミアム(撮影:日刊ゲンダイ)

第4位 ジェネラーレウーノ

16)ジェネラーレウーノ
牡3 (美)矢野英一
[好気配]助手23日南W良
52.8 – 38.2 – 12.6 (8)G強先着
気配…A 動き…A 総合評価…90点
2週連続で好調教を連発。動きも豪快で不安はない。

先週は古馬OP馬、今週は一杯に追われた僚馬を1秒近く追走して先着と意欲的な調整を積んできた。黒光りして迫力ある馬体とフットワークは一際目立っており、最後まで集中して走れている点にも好感が持てる。京成杯→皐月賞というローテーションもあるが、前走よりも状態は良さそうだ。

矢野英師「併せた相手を待つ形でやればもっと時計は出た位。皐月賞時よりいい状態です。」

パドックここをCHECK→気難しさのある馬。前走時はやや余裕残しの仕上げにも映った。馬体重は増えていても良いが、馬体に締まりは欲しい。

ジェネラーレウーノ

強い追い切りを消化してきたジェネラーレウーノ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル