サトノワルキューレ実績一番も、本紙中邑が◎に指名したのは…

優馬TM座談会
ローズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークス組VS新興勢力の構図 サトノは仕上りに不安なし

デスク「秋華賞戦線は、春二冠のアーモンドアイがぶっつけで臨むこともあってか、ここは先週の紫苑S同様に、女王への挑戦者決定戦の意味合いが強いな」

市場「その紫苑Sの結果をふまえてみても、やはり春に重賞で実績を残していた馬を重視すべきかと思いますし、中でもここで一番の実績を誇るのがサトノワルキューレでしょう。大外一気を決めたフローラSの勝ちっぷりは圧巻で、オークスでも直線半ばまでよく頑張ってましたからね。攻めも量をこなして仕上りに不安はなさそうですし、この相手でしっかり結果を出しておかないと、以降のGIではかすかな夢さえ見られなくなりますよ」

須藤「オークスでは力負けの格好となりましたが、当時先着を許した馬が1頭もいないメンバー構成ですからね。距離はもっと欲しい馬ですが、阪神外回りで力を出し切れるなら、差し届くと思いますよ」

目黒「問題の仕上りですが“筋肉の付き方が良くなって、一回りパワーアップした感じがしますね。ディープの牝馬特有の、線の細さみたいなのはだいぶ解消されてきた感じがします。カイバ食いもいいですし、それでいて、太い感じもしない。いい仕上がりで臨めますよ”と、辻野助手も太鼓判を押していましたね」

デスク「ただ、近年の傾向でオークス組が買えるのは確かでも、来ているのはいずれもオークスで好走している馬なんだよな。最先着とはいえ6着というのは、少し弱いんじゃないか」

目黒「そのオークスについては“やっぱり牝馬一線級の瞬発力勝負には対応しきれない部分があったのかもしれないですね。フローラSは強い競馬をしましたが、同じようなレースでは勝てないと思って、ミルコも考えて乗ってくれていたと思いますよ”と。その上位馬が不在なのなら、新興勢力もいますが、力の違いを見せてくれるはずですよ」

サトノワルキューレ

打倒アーモンドアイに向けここでは負けていられないサトノワルキューレ(撮影:日刊ゲンダイ)

「僕は同じオークス組でも、オールフォーラヴを狙ってみたいですね。2戦目から忘れな草までの調整はしっかり回復できてレースを迎えられましたが、そこからオークスまでは想定より良化がスローだった感を受けますし、いい結果を期待するのも酷だったと思います。秋緒戦、目標は先だけに“これなら”という形ではないですが、暑さに負けずしっかりメニューをこなしている点にも好感を持てますよ」

加茂「確かにオールフォーラヴのオークスは、精神的にもギリギリの状態やったし、春の時点では2400mも長かったかと。対して、今回は休養の効果で、春とは見違えるほど馬体が充実し“ようやく体型に見合う体重になった”と、陣営は帰厩時のシルエットを見て喜んでいたほどや。気のいい牝馬でポン駆けも利くタイプやし、秋緒戦でどんな走りをしてくれるのか、楽しみですわ」

デスク「そんなオークス組に対して、不出走組で最も注目を集めているのがサラキアだな」

持木「春のトライアルは4着が続いて、本番へ臨むことができませんでしたが、そのトライアルでも差のない競馬をしていて、能力差は少ないと思います。ライバル達に対しては、夏に実戦を一度使っている強味もありますし、勝負になるのではないでしょうか」

吉田「春の時点では、出遅れなどもあって安定したレース運びができないことが上位との決定的な差を生んでいたようにも見えましたが、同じように発馬で後手を踏んだ前走では、淀みない流れの中でジワジワとポジションを上げて、抜け出してからも後続を寄せ付けない圧巻の内容。プラス10キロだったにもかかわらず、むしろスッキリした体つきだったことをふまえると、色んな面での成長度が大きかったように思います」

桜井「陣営も、その成長に手応えを感じている様子で“レース後の回復も早くなって、緩めることなく調整できた。素質だけで走っていた春以上のパフォーマンスを見せることができるのは間違いない”と強気でしたよ。春はあと一歩のところでクラシックに出走できませんでしたが、今なら当時の上位組を逆転するのも可能でしょうね」

デスク「まぁ、オークス不出走組でも重賞である程度の実績を残していればチャンスもあるということなんだろうが、本紙中邑は、オークスや桜花賞どころか重賞すら未出走のセンテリュオに◎ときたか」

中邑「そもそも、オークスのみならず桜花賞でも馬券対象になった馬が不在というのは、例年ほどのレベルではない混戦ムードだということでしょう。そんな中で、センテリュオの前走1分57秒6は、昨年の小倉記念と同タイムで、レコード決着だった今年でも4着に相当する優秀な時計でした。しかも、エンジンがかかったのはゴール前50mくらいからの印象で、着差以上の強さだったと言えます。広いコースで更に良いタイプですし、これまた他の有力勢に対しては、一度使っている強味もありますからね」

広田「高野師は、前走時に“もっと体が増えてもいい”と言っていたんですが、それであれだけの走りを見せたんですし、裏を返せばまだ成長の余地も残されているということでしょう。900万という現在の収得賞金を考えても、最低でも3着に入って権利を取得しなければならない立場ですから、陣営の本気度もかなり高いと見ていいですよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル