妙味十分 京都大賞典で押さえておきたい2頭の穴馬

重賞データ攻略
京都大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャパンC連覇を目指すシュヴァルグラン、復活を期すサトノダイヤモンド。2頭のGIホースが火花を散らす京都大賞典。4歳馬を筆頭とする第3勢力が2強の間を虎視眈々と狙っているが…!?

高齢馬の好走には厳しい条件

 秋の天皇賞やジャパンカップを目指す馬達のステップレース。関東では毎日王冠が組まれていることもあって、関東馬の参戦は過去10年で15頭、そのうち3着が1回あるのみ。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔3.1.2.4〕
2番人気〔1.1.3.5〕
3番人気〔2.0.1.7〕
4番人気〔2.2.1.5〕
5番人気〔1.0.1.8〕
6~7番人気〔0.6.2.12〕
8番人気以下〔1.0.0.44〕

 2013年こそ11番人気、単勝16620円のヒットザターゲットが勝利して大波乱となったが、それ以外の勝ち馬は1~5番人気から出ている。ただ、2着馬に関しては6~7番人気の伏兵から6頭と、やや一筋縄ではいかない傾向。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔4.5.1.16〕
5歳〔5.3.4.22〕
6歳〔0.0.3.25〕
7歳以上〔1.2.2.22〕

 4~5歳が中心。6歳馬が振るわず、7歳以上も決して打率は高くない。7歳以上で馬券に絡んだ5頭について調べると、3頭は京都外回りの重賞で連対、残る2頭はGIで3着があった。また、この5頭中4頭には同年に重賞3着以内の実績があり、その点から言うと、アルバートスマートレイアーは割引き。

久々でもGI組が強い

 過去の出走メンバーを振り返ると、やはり目立つのは宝塚記念を筆頭に春のGI戦線を戦ってきた強豪馬達。基本的には勢いよりも実績を重視したい。

前走レース別成績(過去10年)
宝塚記念〔4.1.4.11〕
天皇賞(春)〔0.3.2.7〕
1600万〔0.1.0.2〕
OP特別〔0.1.0.14〕
GIII〔4.1.1.22〕
GII〔2.2.2.19〕
GI〔4.5.7.21〕

 宝塚記念組は前走5着以内が〔3.0.2.2〕と上々の安定感だが、2桁着順からの巻き返しも3頭いて、着順は不問の傾向が強い。一方、天皇賞(春)組は前走1桁着順なら〔0.3.1.2〕、2桁着順が〔0.0.1.5〕であることを考えると、同じ京都芝外回りの天皇賞(春)組は着順も気にしたいところ。

京都大賞典連対馬のポイント(過去10年)

  • 重賞3着以内(20頭中19頭)
  • GI5着以内もしくは0.5秒差以内(20頭中14頭)
  • 京都芝外回りで連対(20頭中16頭)
  • 芝2400m以上で連対(20頭中15頭)

 実績面のポイントは上記の4つ。すべてクリアしたのはサトノダイヤモンドシュヴァルグランアルバートスマートレイアーの4頭。前述の通り、アルバートスマートレイアーは年齢の面から割り引いたので、軸はサトノダイヤモンドシュヴァルグランの2頭。

 ◎にするなら年齢的に分の悪い6歳馬シュヴァルグランよりも5歳馬のサトノダイヤモンドの方か。 京都の外回りでは昨年の天皇賞(春)でシュヴァルグラン(2着)にクビ差及ばずの3着だったが、菊花賞ときさらぎ賞を勝っており、その点でも優位性がある。

相手候補は妙味十分のこの2頭!

 難しい相手選びだが、筆頭候補は4歳馬のプラチナムバレット。GI未出走に加えて芝2400m以上のレースも未出走だが、京都芝外回り2200mの京都新聞杯(GII)を勝っており、距離・コースともに適性は十分。

プラチナムバレット

京都コースへの適性が高いプラチナムバレット(桃帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 もう1頭狙うならモンドインテロ。成績一息の6歳馬だが、GI以外の実績面はクリア。当舞台では1000万~1600万を連勝し、昨年の日経新春杯では後の宝塚記念馬ミッキーロケットから0.3秒差の3着がある。こちらも狙ってみたい。

結論

◎サトノダイヤモンド
○シュヴァルグラン
△プラチナムバレット
△モンドインテロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル