3歳馬アヴニール&ミュゼ参戦の新潟記念 「負けたらクビ」になっちゃう騎手とは…

【激論!優馬TM座談会】
夏競馬もフィナーレとなる今週日曜は、新潟記念と小倉2歳ステークスが行われる。この夏の総決算となる重賞を、東西のTM陣が熱いバトルとともに斬る!

優馬TM座談会
小倉2歳S新潟記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳馬2頭で人気は二分? 新潟記念

デスク「まずは新潟記念だが、サマー2000シリーズの最終戦なんだけれども、ポイント上位の馬の参戦がないので、すでに優勝はダービーフィズに決まってるというシラけムード。ただ、そんな興味が薄れても、今年は3歳馬の参戦もあって面白いメンバー構成になったな」

庄司「その3歳勢は、NHKマイルカップの3着、4着馬ですが、そこで6着だったヤングマンパワーが関屋記念で少差の3着、13着だったヤマカツエースも函館記念と札幌記念で連続好走したことを考えれば、今年の3歳馬のレベルは相当高いと見ていいはずです。当然、ここでも、ミュゼスルタンアヴニールマルシェが有力と言えるでしょうね」

武井「その2頭の比較では、やはり対戦成績で2戦2勝のミュゼスルタンを上と見るのが自然でしょう。成長期に膝の骨折という重大な故障をしながら、NHKマイルカップでも最速の上がりをマークしたんですから、素質の高さだけなら世代屈指の存在だと思います。そう考えれば、54キロのハンデも恵まれたと言えるんじゃないでしょうか」

大江原「6着だったダービーにしたって、1・2着馬が好位グループで流れに乗っていたのに対して、この馬は直線に向くまでブービーの位置取りで、しかも大外を回るロス。競馬に参加できたのは正味3ハロンだったんだからな。むしろ褒めていい内容だよ。1600~2000mが最も力を発揮できる距離だろうし、放牧に出さなかったとはいえ、暑い時期に札幌、函館の涼しい厩舎で調整されてきたから、態勢も整っているぞ」

小島「厩舎で調整してきたということに、ここに賭ける強い思いを感じますよね。秋はマイルか中距離か、どちらを歩むにしても、古馬相手のGIに臨むには賞金加算が絶対条件ですし、2戦2勝の新潟で決めてくれるはずですよ」

清野「ただ、アヴニールマルシェも、リフレッシュ効果と成長が見込めますし、実際にしっかりと乗り込まれて仕上がりはこちらの方が上のような気がします。対ミュゼスルタンは2戦2敗とはいえ、1キロのハンデ差と仕上がりの差で逆転に期待したいですね」

守屋「2戦2敗といっても、ともに僅差。NHKマイルカップなんかも、上がりは同じ数字ですし、出遅れがなければどう転んでいたかわからないはずです」

小野智「今年に入っての2走は、北村宏騎手に状態を聞いても首をかしげる仕草をしていたんですが、今回は久々に“デキOK”と。“現時点で10キロくらい馬体が増えているけど、これはそっくり成長分”だとも言ってました。初距離の2000mについても“出て行かないのがネックだけど、新潟2000mなら向正のうちに位置も取れそう”と、前向きでしたよ」

伊利「僕も陣営から同じような話を聞いています。夏を越して背丈が伸び、体がガシッとしたようですし、“仮にNHKマイルカップのように出遅れたとしても、この条件なら馬群に取り付きやすい”と、距離延長も意に介していない様子です」

アヴニールマルシェ

北村宏騎手も状態に太鼓判を押すアヴニールマルシェ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル