ジョッキーが道悪下で「どう乗るか」 七夕賞の勝負を分けたもの

佐藤直文 レース回顧
七夕賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

今週はお手馬で 内田博J&クレッシェンドラヴ

 日曜の福島の芝は、終日、重馬場の発表だったが、昼前から降り始めた雨の影響で、メインは不良に近い重だったか。実際に各馬が内を避けてレースを進めていたが、そこから外を回るとかなりの距離ロスがあることも確かだ。もちろん、こういった馬場の適性もあるが、コース取りの差も勝負を分けた感を受けた。

 クレッシェンドラヴは、序盤は後方でジックリと運び、3角過ぎから進出する自分のスタイル。ただ、いつもと違っていたのは、外をマクる形ではなく、馬群がバラけたところを外を回さずに追い上げたことで、結果的に直線を向いた時点ではもう前を射程圏に入れていた。このあたりは、先週のラジオNIKKEI賞に続いて2週連続での重賞制覇となった内田博騎手による、道悪下でどう乗るかを心得た、いぶし銀のテクニックだったように思う。重賞初制覇となった昨秋の福島記念での55キロのハンデから、今回は57キロのトップハンデを背負わされていたが、要は自分の競馬に持ち込めるかどうかが鍵のこの馬にとっては、斤量増も関係なかったと言えるだろう。

クレッシェンドラヴ

昨年の福島記念に続き重賞2勝目をあげたクレッシェンドラヴ

 2着ブラヴァスは、外枠を利して好位の外目を巧く立ち回っていたが、勝ち馬と比べても距離ロスはあった。ただ、今日のような馬場が味方したとは思えないだけに、着実な地力強化は示したと言える。

 3着ヴァンケドミンゴは、4コーナーでは2着馬のさらに外を回る形。道悪を苦にしない走りで、ここまで4戦4勝という福島巧者ぶりはアピールできたように思う。

 4着ヒンドゥタイムズは、出負けもあったが、その後も進んで行かなかったあたり、実績はあったとはいえ道悪は巧くない印象を受けた。最後はよく伸びており、乾いた馬場で走らせたかったクチだろう。

 ジナンボーもまた、出遅れて、4コーナーでも大外を回って追い上げる形となったが、小回りコースで今日のような馬場をこなせるだけの器用さに欠けた印象。マイネルサーパスは、前走とは違って好位で運んだが、直線を向いた時点でもう手応えがなかった。不良馬場だった昨年のラジオNIKKEI賞では、同じように好位で運んで2着だっただけに、今日の戦法や馬場が合わないわけではないと思うが…。

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル