リアアメリアは「復活というより…」 11着フアナは「ちょっとガッカリ」

佐藤直文 レース回顧
ローズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

無敗の二冠馬に挑戦状 リアアメリア

 今年の3歳クラシックは、牡馬牝馬ともに無敗の二冠馬が誕生した。その春の時点では、秋の三冠チャレンジこそは有観客で、という思いもあったが、その望みが叶うのは厳しい状況となっている。ともあれ、ローズSは、秋華賞へ直行するデアリングタクトを脅かす存在が集う最終トライアル。本番を占う上での重要な一戦となった。

 リアアメリアは、これまでにはなかった好位2番手からの競馬。前半1000m60秒9のスローな流れも味方したとはいえ、直線を向いて先頭に立つと、川田騎手が後続を待たずに鞭を入れて、独走でのゴールだった。2歳暮れの阪神ジュベナイルフィリーズで1番人気に支持された馬の完全復活とも言えるが、復活というよりもこれが本来の走りだろう。ポテンシャルの高さに釣り合っていなかった精神面での成長をアピールした上で、本番の京都内回り2000mでは不可欠な機動力も見せたとあれば、二冠馬の前に立ちはだかる存在となるはずだ。

リアアメリア

後続の争いを尻目にリアアメリアが完勝のゴール

 2着ムジカは、展開や状態、そして馬場と、全ての面でうまくいった形ではあったが、ジョッキーも持ち味を引き出す好騎乗だったものであり、とてもフロック視はできない力強い伸び脚だった。

 3着オーマイダーリンは、1勝クラスを勝っての連闘策であったが、中団のインから直線で勝ち馬が抜けたところに潜り込んで伸びたもの。実に上手な立ち回りだったが、これまた鞍上の好騎乗が光った。

 4着デゼルは、スタートで出て行かず外々を回る形では厳しかったか。ただ、ゴール前の伸び脚は目立っており、本番でもけっしてノーチャンスではないだろう。

 5着クラヴァシュドールは、中団で流れに乗れていたが、プラス18キロと余裕残しの体つきだった分、伸びが一息だった。これまた本番で変わる余地はあるはずだ。

 フアナは、スタートから進んで行かずポジションが取れなかったのが響いたと言えるが、直線でも見せ場すら作れなかったあたり、ちょっとガッカリさせられる内容だった。

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル