サリオス、次はどこへ行く “幻の二冠馬”が示した「違い」

佐藤直文 レース回顧
毎日王冠

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

完勝サリオスに拡がる選択肢

 もしも、コントレイルの存在がこの世になかったら、二冠馬となっていたはずのサリオスだが、そうであったら毎日王冠からの復帰もなかったであろう。三冠阻止へ挑む選択もあっただろうが、冷静に距離適性を見極めて路線を切り替えてきた陣営の決断が“英断”であったことを証明するかのような勝ちっぷりだった。

 そのサリオス。前半1000m58秒0は、馬場を考慮すればハイラップと言えたが、道中は全く力みもなく余裕の手応えで4番手を追走し、直線を向いてギアが入るとあっという間に抜け出す完勝だった。まさに何の苦労もなく先頭でゴールを駆け抜けた形だったが、馬体に余裕を残しての仕上げだったことを考えても、明らかな力の違いを示す一戦だった。次はマイルか、2000mか。いずれにしても、頂点を狙えるだけの馬だろう。

サリオス

単勝1.3倍の支持に余裕で応えたサリオス

 2着ダイワキャグニーは、離れた3番手から勝ち馬には並ぶ間もなく交わされたが、2着を死守。去勢明けでけっして万全の態勢とは言えなかったが、とにかくこのコースは走る馬であり、現状の力は出し切れたと見ていい。

 3着サンレイポケットは、今日の速い流れにも対応して勝ち馬を前に見る形で運び、直線でもしっかりと脚を使っていた。馬体からも本格化を窺わせるだけに、今後も楽しみな馬である。

 4着カデナは、この馬なりに伸びていたとはいえ、速いペースを追走したことで十分に脚をためることができなかったか。渋った馬場もこの馬にはマイナスだったように思う。

 5着ザダルは、夏場に1走したとはいえ、前走後に一旦馬体を緩めたことで、8分程度の仕上りだったか。

 サトノインプレッサは、レース前からイレ込んで出遅れたが、まだ気性的な若さが抜けていない印象。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル