【毎日王冠回顧】センス“類稀”エルトンバローズ 2着ソングラインは「悪くはない内容」

佐藤直文 レース回顧
毎日王冠

必ずもらえる1200ポイントで、プロの宝塚記念予想を見よう。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

GI馬2騎を封じて エルトンバローズが次のステージへ

 1000m通過が59秒5と、このレースとしてはかなりスローな流れ。残り400m地点では馬群が凝縮されての瞬発力勝負となり、4頭が鼻先を並べるというハンデ戦かのようなゴールシーンだった。

 エルトンバローズは、好位のインをロスなく立ち回って、直線では逃げた馬の直後でいつでも抜け出せる状態。ただ、外の有力馬の動向を見ながらの仕掛けは難しかったはずであり、早ければゴール前で捕まり、遅ければ脚を余しかねないという意味では、結果的にもドンピシャのタイミングだったように思う。ここまでの3連勝はいずれも違った舞台や状況でのものだったが、GI馬2頭を封じてまた違う条件をクリアした類稀なるレースセンスは、今後の大仕事も十分に期待できるレベルにあるだろう。

エルトンバローズ

4番人気の3歳馬エルトンバローズ(黄帽)が古馬強豪を押さえて重賞連勝

 2着ソングラインは、自ら動いて勝ちに行く競馬ではなかったとはいえ、初距離と初斤量を考えればけっして悪くはない内容だった。叩いた次は本来の姿を見せてくれそうだ。

 3着シュネルマイスターは、道中は2着馬を前に見るポジションだったが、直線で巧く馬群を捌いた2着馬とは対照的に、進路が見つからずに残り1ハロンで大外へ持ち出すロスが響いてしまった。それでこの着差なら、負けて強しをアピールしたと言える。

 4着アドマイヤハダルは、後方2番手から直線で大外へ持ち出し、一気に突き抜けるかの勢いで脚を伸ばしたもの。最後は追い負けたものの、目下の充実ぶりを示す内容で、GIIIならばいつでも勝てそうだ。

 5着ウインカーネリアンは、一見すると絶妙のスローペースに持ち込んで、という逃げだったが、瞬発力勝負となっては分が悪いだけに、後続に脚を使わせる形の逃げが理想だったか。

 ジャスティンカフェは、最後方から4着馬と同じ競馬で直線に賭けたが、残り1ハロンで脚色が鈍ってしまった。ペースが向かなかったこともあったが、1800mは気持ち長いのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

必ずもらえる1200ポイントで、プロの宝塚記念予想を見よう。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

必ずもらえる1200ポイントで、プロの宝塚記念予想を見よう。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。