激動の一年、締めたクロノジェネシス 来年は三冠馬たちと決戦

佐藤直文 レース回顧
有馬記念

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

最後まで牝馬が主役 クロノジェネシス

 誰もが想像しえなかった激動の一年が幕を閉じようとしているが、これだけの状況下で中央競馬が最後まで一日も休むことなく開催されたのは、関係者の尽力とファンの熱い支持の賜物であろう。しかも、今年は牡牝ともに無敗の三冠馬が誕生し、芝GI最多勝記録も塗り替えられるなど、競馬史上に残る出来事が相次いだ。そしてまた、この一年で顕著だったのが牝馬の活躍であり、最後の有馬までそれを象徴する結果となった。

 クロノジェネシスは、キセキの出負けにより序盤は想定したよりも遅い流れの中、中団の後方でじっくりと脚を溜める形。そして、向正面の残り1000mあたりで仕掛けられると一気にポジションを上げて磐石の態勢に持ち込んだ。直線を向いて宝塚記念の時のように楽に抜け出すことはできなかったが、これは相手も百戦錬磨の馬だったためであり、年下の三冠馬たちと相まみえることになる来年も、中距離界の主役として牽引する存在となるであろう。

クロノジェネシス

早目に進出したクロノジェネシス(黄帽)が1番人気に応えた

 2着サラキアは、もう少し展開が流れてくれば届いたかもと思えるほどの伸びを見せたが、ペースが遅かったことで追走が楽になり、それだけ脚が十分に溜まったことも確か。この秋は生涯ピークと言える走りを見せていただけに、これで引退というのは少し惜しまれる。

 3着フィエールマンは、スローを見越して序盤でポジションを取りに行ったあたりは、さすがルメール騎手であったが、勝負どころから動いてきた勝ち馬に早目に並ばれる形。結果論ではあるが、逃げ馬を早目に交わして4コーナーでは単独先頭の形なら、粘り込めたかもしれない。

 4着ラッキーライラックは、序盤に行きたがる面も見せたが大事に乗られての直線勝負。少し大事に乗られ過ぎたかもしれないが、着差を考えるとこれが上位との力の差だったとも言える。

 5着は2頭同着となったが、まずカレンブーケドールは、3着馬をマークする形で運んだものの、4コーナーでは外から来た勝ち馬と比べても手応えが悪かった。3着馬同様にもっと早く動いて良かったかもしれないが、このあたりは鞍上もテン乗りだけに仕方なかったか。ワールドプレミアも、道中でゴチャつくなど力を出し切ったとは言い難いレースになったが、やはり現状での力の差があったとも言える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル