馬群を割った! 菅原明とカラテの一撃 完全本格化で大舞台へ

佐藤直文 レース回顧
東京新聞杯

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

人馬ともに嬉しい重賞初制覇 カラテ

 いったい何が逃げるのか、というメンバー構成であったが、結局のところ最内枠からダッシュを利かせたダイワキャグニーがハナへ立つ形。ただ、絡んでくる馬もいなかっただけに、必然的に前半3ハロンは34秒9というスローな流れとなった。

 カラテは、抜群のスタートから、菅原明Jは控えて好位という理想的な形を選択。直線では前が壁になり、狙ったインが開かずに外へ進路を切り替えるシーンもあったが、逆に追い出しを待たされたことが、ゴール前の伸びにつながったか。前走の若潮Sが勝ちっぷりのみならず、時計的にもオープン通用レベルだったことを考えれば、全く驚けない走りだったが、これは完全に本格化したと見ていいだろう。

カラテ

5番人気カラテ(黄帽)が3連勝で重賞初制覇

 2着カテドラルは、道中は中団のインをロスなく運び、直線を向いて馬群の切れたところでうまく外へ持ち出す鞍上の好プレー。一旦は並んで伸びた3着馬を振り切って先頭に立ったが、最後は追い出しのタイミングの差が出たと言える。

 3着シャドウディーヴァは、中団追走の形から直線では勝ち馬と馬体を併せてよく伸びたが、最後に脚が鈍ったもの。上位2頭よりも外を回るロスもあったが、これまでも2着が多いように詰めの甘さが残る馬だ。

 4着ヴァンドギャルドは、枠なりに好位外目の追走だったが、直線で本来の伸びがなかったあたり、十分に脚を溜め切れなかったか。緩めの調教過程で仕上り自体も一息だったかもしれない。

 トリプルエースは、逃げた馬の直後で折り合いが付き、直線でも後続の追い出しを待つほど手応えには余裕があったが、いざ追い出してもギアが上がらなかった。鞍上も加味してのものだろうが、少し人気が先行し過ぎたか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2021年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル