横山典弘騎手の名騎乗ランキング 3位にセイウンスカイの菊花賞 1位も伝説的な大逃げ

TMアンケート

NHKマイルCで払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 変幻自在の手綱捌きで、競馬ファンを楽しませてくれる横山典弘騎手。大一番から条件戦まで、同騎手の名騎乗は数知れずといったところだが、その中でもNo.1はどのレースになるのか。競馬専門紙「優馬」と「競友」のTM(トラックマン)、記者らにアンケートを実施した。

「横山典弘騎手の名騎乗といえば?」TM・記者アンケート結果

1位 6票 2004年 天皇賞・春 イングランディーレ

2位 4票 2014年 日本ダービー ワンアンドオンリー

3位 3票 1998年 菊花賞 セイウンスカイ

4位 2票
2005年 菊花賞 アドマイヤジャパン(2着)
2015年 天皇賞・春 ゴールドシップ
2020年 札幌記念 ノームコア

5位 1票
1991年 宝塚記念 メジロライアン
1996年 天皇賞・春 サクラローレル
2000年 朝日杯3歳S メジロベイリー
2008年 中山記念 カンパニー
2009年 日本ダービー ロジユニヴァース
2014年 京都記念 デスペラード
2014年 安房特別(1000万条件) ケンブリッジサン
2018年 JBCレディスクラシック アンジュデジール

1位 2004年 天皇賞・春 イングランディーレ

文:中邑茂TM(優馬)

 上位人気を占めたネオユニヴァースら“4歳4強”が折り合いを意識して牽制し合う中、10番人気イングランディーレは、横山典弘騎手を背に息を入れながらも後続を大きく離す逃げ。直線を向いてもその脚色は衰えず、もがく上位人気馬を尻目に、最後は7馬身差をつけ勝利を収めた。

 展開利こそあったが、レースを見直して一番に感じたのは馬が非常に気分良く走れている点。勝負が掛かった時に、騎乗馬の気性や特徴を考えて気分良く走らせる技術の高さが横山典弘騎手の真骨頂であり、それを目の当たりにしたレースだった。

イングランデイーレ

後続に影をも踏ませなかった横山典弘騎手とイングランディーレ(写真:日刊ゲンダイ)

2位 2014年 日本ダービー ワンアンドオンリー

文:堀勇斗(編集・競友)

 ワンアンドオンリーは、その強烈な末脚を武器に好走していた馬で、ダービーで本馬を支持したファンも「器用さはないが決め手は一流、府中の長い直線を使ってその持ち味を生かせば…」という目論見を持っていたに違いない。しかし、横山典弘騎手はその期待を裏切り、内枠を生かした好位策を選択。直線では先に抜け出した皐月賞馬イスラボニータとの競り合いを制した。

 “馬7割、騎手3割”はよく耳にする言葉だが、時に横山典弘騎手は“3割”の重さを痛感させられる騎乗を魅せてくれる。同騎手は、逃げ馬で追い込んだり、追い込み馬で逃げたりといった選択を稀に実行する。稀代の天才騎手・福永洋一も似たような戦法をとったそうだ。その圧倒的な“3割”でトラック全体を支配する力を持つ騎手たちは、本当の意味での“馬なり”を知っているのではないか。つまり、それは馬の癖を掴み、個性を把握し、それに基づいた適切な戦法をとることだけでなく、その日の馬の気分、纏っている空気感、呼吸のリズム、更には条件等を踏まえた相対的な判断を含むということ。少なくとも、ワンアンドオンリーのダービーをはじめとした数々の名騎乗は、横山典弘騎手が最適な“馬なり”を導き出し、遂行し、成功させた、といえるのではないか。

ワンアンドオンリー

橋口弘次郎師に悲願のダービー制覇をプレゼントしたワンアンドオンリー

3位 1998年 菊花賞 セイウンスカイ

文:大江原毅TM(優馬)

 ダービー馬のスペシャルウィークが単勝1.5倍で抜けた人気となっていたが、横山典弘騎手を背にハナを叩いたセイウンスカイが、終わってみればスペシャルウィークに3馬身半差をつける完勝劇。その圧巻のレースぶりは自身が刻んだラップを見れば明らかである。

 1000mを59秒6のハイペースで引っ張り後続を引き離す形の逃げに持ち込む。その後、中間の1000mは64秒3とかなりペースを緩めるも、早々と先手を主張した鞍上の気迫に押されてか、隊列は一切変わらず。“この時点で勝負あり”と言わんばかりのセーフティーリードを保ったままラスト1000mも59秒3でまとめて他馬を完封。ゴール後のガッツポーズが象徴するように、まさに横山典弘騎手の手腕が光る会心のレースだった。

セイウンスカイ

絶妙なペース配分で後続を完封したセイウンスカイ(写真:日刊ゲンダイ)

巧みな騎乗は条件戦でも…

 横山典弘騎手の名騎乗、ほかにも多数あげられているが、その中から2014年の1000万条件戦(現2勝クラス)安房特別に票を投じた山崎TMのコメントをご紹介。

2014年 安房特別(1000万条件) ケンブリッジサン
文:山崎啓介TM(優馬)

 これぞ知る人ぞ知る横山典弘騎手の真骨頂といえるレースだろう。ハナを叩き大逃げの形に持ち込んだケンブリッジサンだが、向正面を過ぎると他馬にどんどん交わされる。普通ならそのまま馬群に沈むような感じだったが、4角から直線で何事もなかったかのように盛り返し、最終的には1馬身差で勝利を収めた。

 そのレースぶりには驚かされたが、大逃げの最中も交わされてからも、横山典弘騎手は馬の気持ちに任せていただけで、とにかくリズム重視。「最後だけ俺の言うことを聞いてね」といった騎乗は、見ていて本当に面白いレースだった。インタビューでも「馬のリズムで」ということが多い同騎手の素晴らしい“名騎乗”と、それに応えたケンブリッジサンに1票を投じたい。

 

 以上がTM、記者らの投票結果だったが、読者の方が思う“横山典弘騎手の名騎乗”は? コメント欄にて、ぜひともその意見を教えていただきたい。

NHKマイルCで払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

コメント

  1. 2021/02/14(日) 02:34:10 ID:00a633848

    セイウンスカイなら菊花賞はもちろんのこと、その前の京都大賞典が神騎乗だった

  2. ヨコヨコ 2021/02/13(土) 13:27:12 ID:c080181f0

    ディープの時の菊、アドマイヤジャパンもディープでなかったら勝っていたよね!

  3. ササキ 2021/02/13(土) 08:02:56 ID:1d241f1dd

    2020年の札幌記念のノームコアの騎乗は、最高だった。

NHKマイルCで払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2021年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル