川田付きっ切り&ハミ交換で「今までにないレースぶり」ラヴズオンリーユー

佐藤直文 レース回顧
京都記念

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オークス馬がここで完全復活 ラヴズオンリーユー

 例年であれば、年明けから開催を続けた京都で、良馬場であってもタフさが要求される馬場状態だが、今年は阪神に舞台が替わっただけではなく、開幕週の馬場ということで全く違う資質が要求される状況。前日から続いていた前残りの傾向が、ここでも覆ることはなかった。

 ラヴズオンリーユーは、序盤は先行勢とは離れる形ではあったが、中団の前でいつでも動ける態勢。3コーナー過ぎから前との差を詰め、直線を向くとあとは前を行く2着馬を交わすだけという、今までにないレースぶりだった。今回が初コンビとなった川田騎手が付きっ切りで調教を付け、進言してハミを換えた効果もあったと思えるが、今日の走りを見ると、オークス以来となる2つ目のGIタイトル獲得もそう遠くはないだろう。

ラヴズオンリーユー

一昨年のオークス以来の勝利をあげたラヴズオンリーユー

 2着ステイフーリッシュは、スタートから最初のコーナーまでの直線が長いコースを利用して、2番手を確保。逃げた馬が失速して3コーナー過ぎにはハナに立って目標とされる形となったが、持ち前の渋太さを十分に発揮した。特性を見抜いたジョッキーの好判断とも言えるだろう。

 3着ダンビュライトは、好スタートを切ったが、ハナに行く気はなく3番手から。直線を向いた時点で外から勝ち馬に並びかけられたが、最後まで渋太く食らいついていた。7歳を迎えたが、セン馬でもありまだまだ息の長い活躍ができそうだ。

 4着ジナンボーは、前残りの展開では厳しい位置取りだったが、ロスなく内をついた鞍上の好判断が光った。GIIIならどこかでチャンスがありそうだ。

 5着ワグネリアンは、後方から外を回っては届かぬ流れだったとはいえ、自身の伸びも一息。久々の分もあっただろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2021年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル