終わってみれば1強だった皐月賞 ダノンザキッド大敗のなぜ

佐藤直文 レース回顧
皐月賞

天皇賞春で払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

無傷でまずは1冠 エフフォーリア

 心配された馬場も当日の好天により稍重にまで回復。そんな馬場を考えると、前半1000m60秒3のラップはやや遅めで、ペースが緩んだ向正面では折り合いを欠く馬も見られた。そんな中、好位のインで完璧に折り合っていたのが勝ち馬。内から乾いていく、という今日のような馬場のセオリー通りに、ロスのない競馬で突き抜けて見せた。

 そのエフフォーリア。スタートでポジションを取りに行ったダノンザキッドの内に馬体を併せ、理想的な位置取りに。少し力みも見えたライバルとは対照的に、好位追走でも十分に脚を溜めることができた。回復したとはいえ渋った馬場も全く苦にしない走りで、4コーナーでも無理に外へ持ち出すことなく、自ら前を捕まえに行っての3馬身差。圧倒的な力の違いを見せたものであり、ダービーでは1強として迎えることとなろう。

エフフォーリア

無傷の4連勝で1冠目を制したエフフォーリア

 2着タイトルホルダーは、ハナを譲って2番手からの競馬だったが、持ち前の先行力を生かす自分の競馬ができた。弥生賞を勝ちながら8番人気の低評価であったが、それを覆す立派な走り。スタミナに長けた血統背景からも、距離はもっとあっていいのではないか。

 3着ステラヴェローチェは、スタートが一息で後方のインを追走。直線でも外へ持ち出さず、そのままインを選択する形だったが、結果的には正解だったか。不良馬場のサウジアラビアRCを勝っているように、渋った馬場への適性も高かったように思う。

 4着アドマイヤハダルは、道中は勝ち馬をマークする形で運んで、4コーナーで馬場の外目へ。思い通りの競馬はできたと思うが、追われて一息だったのは渋った馬場のせいだったろう。ダービーはパンパンの良馬場なら、改めて注目してみたい。

 5着ヨーホーレイクは、メンバー最速の上がりでよく差を詰めたが、現状では展開の助けが必要なタイプだ。

 ダノンザキッドは、ひとつの敗因でこれだけ大きく負けるはずがなく、いくつかの点が複合したとも言えるが、パドックからうるさいところを見せレースでも折り合いを欠く面があったあたり、気性的な難しさの残る馬。そして、2歳時は能力でこなしてきたとはいえ、距離に限界があるのかもしれない。ダービーへしっかりと立て直してくるとは思うが、評価を下げざるをえないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

天皇賞春で払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

天皇賞春で払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2021年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル