「資質」問われた消耗戦 力で捻じ伏せたワールドプレミア

佐藤直文 レース回顧
天皇賞(春)

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

菊以上の強さ ワールドプレミアが復活V

 阪神での施行は27年ぶりとなったが、当時は改修前のコースであり、今回の外回り→内回りの3200mというコースは以前から設定があったものの、実際にレースが行なわれたのは今年2月の松籟ステークスのみ。どんな流れになるのかは、正直なところ蓋を開けてみなければわからなかったが、最初と最後の1ハロンを除く道中のハロンラップでペースが落ちたのは、9ハロン目の13秒1と10ハロン目の12秒6だけであり、それ以外はほとんど12秒前後の数字が刻まれる厳しい流れとなった。上がりの3ハロンは、直線がフラットな京都との単純な比較はできないが37秒4もかかっており、紛れもなくステイヤーの資質が問われる消耗戦になったと言える。

 ワールドプレミアは、有力馬たちを前に見る中団のポジションで付いて行き、2周目3コーナーを過ぎての勝負どころから、前を行く4着馬の動きに合わせて進出を開始。4コーナーでは鞍上の手も激しく動いていたが、それでも直線では一頭だけ違う伸びを見せた。インを巧く立ち回った菊花賞とは違い、外を回って力で捻じ伏せたレースぶりも成長を示す内容であり、持久力勝負となったことも追い風になったことだろう。

ワールドプレミア

上がりの掛かる消耗戦を制したのはワールドプレミア(白帽)

 2着ディープボンドは、勝負どころから前を追って動いて行き、直線で目標とした3着馬を捉えたところで、外から勝ち馬の強襲に遭ったもの。それでも、ゴール前は差し返し気味に伸びており、これまたステイヤーとしての資質の高さを十分に示す負けて強しの内容だった。

 3着カレンブーケドールは、淀みない流れの中での先行策で、4コーナーでは追い上げてきた後続を一旦引き離したほどだったが、最後の最後で苦しくなってしまった。ただ、ペースや後続の目標となったことを考えれば、力を示すには十分な走りだったと言える。

 4着アリストテレスは、ペースが流れたことで課題の折り合いは付いていたが、勝負どころの反応が一息で、直線で並んできた勝ち馬に抵抗できなかった。重い馬場だった年明けから2戦の消耗により、菊花賞当時の状態に戻り切ってなかったとも言えよう。

 5着ウインマリリンは、前々で渋太さを発揮する本来の競馬はできなかったものの、勝負どころから勝ち馬を追って最後まで頑張っていた。このメンバーでの掲示板確保は胸を張れる。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル