ソダシの敗因は距離? 「誤魔化しが利かないレース」で分かれた明暗

佐藤直文 レース回顧
オークス

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

天国の総帥に捧げるクラシック制覇 ユーバーレーベン

 前半1000m通過が59秒9と、そこまで速い流れではなかったが、ペースに淀みもなかったことで、結果的には先行好位勢が壊滅する瞬発力勝負となった。そしてまた、距離の誤魔化しが利かないレースになったことも確かであり、上位入線馬には瞬発力のみならず持久力も兼ね備えていたと言えるだろう。

 ユーバーレーベンは、序盤は後方のインでジックリと構えていたが、向正面の中間点あたりから馬群の外へ持ち出し、ジワジワとポジションを上げて行った。直線を向いて満を持して追い出されると外から力強く伸び、残り1ハロンの手前では抜け出しを図ったソダシと馬体が合うシーンもあったが、その時点で手応えは違い過ぎていた。昨秋以降、減り続けていた馬体が、トライアルから中3週というローテーションでもしっかりと戻してきたことが、更なるパワーアップにも繋がったと言えるが、着差の付きにくい瞬発力勝負での1馬身差は完勝と見ていいだろう。

ユーバーレーベン

ソダシ(緑帽)の外からユーバーレーベン(黄帽)が鋭い伸びを見せる

 2着アカイトリノムスメは、序盤に少し行きたがったところを、ソダシの直後に付ける形で折り合って運んだが、直線を向いたところでもソダシの直後から抜けて空いたスペースを狙うかの構え。しかし、その先導役が抜けないと判断して内に進路を切り替えた形だった。もう少しスムーズに捌けていれば、という感も受けたが、最後はよく伸びて力を示したと言える。

 3着ハギノピリナは、序盤はシンガリからジックリと運び、4コーナーで大外からの直線勝負。長くいい脚を使っており、かなりの長距離適性があると見ていい。

 4着タガノパッションも、同様に後方で脚を溜めての直線勝負だったが、馬群を捌きながらかなりの脚を使っており、秋が楽しみになる走りだった。

 ソダシは、序盤で不利があってリズムを欠くシーンがあったが、もちろんそこに敗因を求めるわけにはいかない。スピードで押し切る競馬を続けていた馬にとっては厳しかった瞬発力勝負。そして何より、距離が長かったということだろう。ファインルージュは、馬群でもまれる形も良くなかったと言えるが、それにしても見せ場すらなかっただけに、これまた距離が長かったと見えるべきだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル