【鳴尾記念・データ攻略】好走パターンにガッツリ当てはまる“人気の盲点”とは!

重賞データ攻略
鳴尾記念

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 今年の鳴尾記念は、開催変更に伴って中京芝2000mを舞台に行われる。(※2012年以降、中京芝2000mで行われた重賞ではディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒がともに35%以上の複勝率を誇り、勝利数でもこの2頭で上位を占めている。) 当レースの最近の好走馬をみると、メールドグラース、ラヴズオンリーユーのように、ここから海外で活躍する馬たちも出ている。先々を見据える上でも目が離せない一戦となりそうだ。 ここでは6月開催で行われた過去9年(2012年以降)のデータを参考に馬券のキーポイントとなる馬を探っていく。

 

○年齢別成績

・4歳馬  〔2.3,5.7〕
・5歳馬  〔4.2.1.13〕
・6歳馬  〔2.2.2.29〕
・7歳馬  〔0.2.1.18〕
・8歳以上 〔1.0.0.14〕

※5歳馬が6連対とトップ。4歳馬も好成績をおさめているが、残念ながら今年は4歳馬の出走はなし。

 

○前走着順別成績

・1着   〔1.1.1.5〕
・2着   〔0.0,1.5〕
・3着   〔1.0.0.7〕
・4着   〔0.3.0.2〕
・5着   〔0.1.0.6〕
・6~9着 〔4.1.4.20〕
・10着以下  〔3.3.3.37〕

※前走大敗からの巻き返しが目立つ。前走成績には目をつぶっても良さそうだ。

 

○前走レース別成績

・大阪杯  組 〔0.1.3.7〕
・中山記念 組 〔2.0.0.0〕
・新潟大賞典組 〔1.3.3.17〕
・都大路S 組 〔1.1.1.13〕

出走数こそ少ないが、中山記念組の2戦2勝は注目ポイント。特筆すべきは2勝のいずれもが前走の中山記念で10着と大敗を喫していた点。そして近4年で好走例が多いのが、新潟大賞典組〔1.2.1.6〕。この組はそこで5着以内に好走していると〔1.2.1.1〕と安定感は抜群。

 

○結論

 本命はクラージュゲリエ(父キングカメハメハ)5歳馬だが長いブランクがあり、まだキャリア10戦。前走の中山記念で9着と敗れてしまったが、開幕週の1800mでは流れも厳しく道中でタメが利かなかった印象。2000mでは〔1.1.0.1〕と唯一の馬券圏外は皐月賞の5着のみ。中京コースでも重賞好走歴があり、ベスト距離で巻き返しの可能性は十分あるとみた。

相手筆頭は、前走の新潟大賞典を快勝したサンレイポケット。中京芝2000mでは3戦2勝と好相性で、唯一敗れたのも2走前の好メンバーが揃った金鯱賞0.2秒差の6着。相手関係からもここは再度上位争いを期待できる。

 

クラージュゲリエ

2018年の京都2歳S以来の勝利を目指すクラージュゲリエ。

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル