「強いの一言」ヴァイスメテオール 6着ボーデンらは「全く通用しない競馬」

佐藤直文 レース回顧
ラジオNIKKEI賞

函館記念で8万4500円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ターフを突き抜けた白い流星 ヴァイスメテオール

 レース直前に、良から稍重へ馬場状態が変更されていたとはいえ、前半1000m60秒7というのは明らかにスローペース。そしてレースの上がり3ハロンが、11秒8-11秒6-11秒8という流れでは、中団以降から外を回っての差しが全く通用しない競馬であった。

 ヴァイスメテオールは、課題のスタートを決めることができたが、道中は中団のインで動くに動けないポジション。3コーナーを過ぎてから馬群の中ほどに進路を見つけ、前を射程圏に入れて直線を向くと、一頭だけ次元の違う脚を使って突き抜けて見せた。過去2勝が、稍重と不良馬場で馬場が渋ったのも良かったと言えたが、着差の付きにくいペースで最後は流しての2馬身半差は強いの一言だろう。キングカメハメハ産駒なら小回りがベストであるはずもないだけに、これは秋が楽しみになった。

ヴァイスメテオール

4番人気のヴァイスメテオールが秋に向けて勇躍

 2着ワールドリバイバルは、好位のインで流れに乗りつつ、しっかりと脚を溜めることができたことで、これまでの淡白な競馬から一皮剥けたと言える走り。ただ、今日のところは展開に恵まれた部分も大きかった。

 逃げて3着のノースブリッジ、2番手から4着のタイソウも、同様に前残りの馬場と展開を味方に付けての好走。勝ち馬にあの脚を使われてはどうしようもなかったが、ともに実績のある渋った馬場も良かったと言える。

 ボーデンは、後方から運んで4コーナーでは馬群の一番外を回る形では、前述したように出番がなくて仕方はなかったが、それでも5着とハナ差の6着なら地力は示したか。リッケンバッカーも同じような競馬だったが、前走のような脚を使えなかったのは距離が幾分長かったためだろう。アサマノイタズラは、勝負どころで前が詰まってポジションを上げられず、直線でもスムーズに捌くことができなかったもの。ハンデも厳しかったが、今日は全く自分の競馬ができなかった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

函館記念で8万4500円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

函館記念で8万4500円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル