【中京記念】人気のボッケリーニを ガチ勝負で負かせる馬は

重賞データ攻略
中京記念

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 サマーマイルシリーズの第2戦として、中京1600mで施行されてきた中京記念だが、京都競馬場の改修工事に伴う開催変更により今年は小倉、しかも距離も1800mで行われるとあっては、過去のレースデータは絵に描いた餅。先週のプロキオンSに続いて、データ派には厳しい状況だが、何とか勝ち馬を探ってみたい。

ピックアップしたい項目は

 前述したように、過去の“中京記念”のデータはアテにできないだけに、この時期のハンデ重賞という唯一の共通点や、あくまで小倉1800mの傾向から注目できる馬のパターンを列挙してみた。

 1・前走米子Sの好走馬
 2・ディープインパクト産駒
 3・小倉1800mでの優秀なコース実績
 4・内枠を引いた逃げ・先行馬

 開催時期は変わらないため、過去の中京記念における1の項目は使えるデータだろう。2~4については、あくまでも小倉1800mにおける有効ポイントであるが、これらの項目で注目馬をピックアップすると、1からロータスランド、2からダノンチェイサー、3は直近の重賞である2月の小倉大賞典の2・3着馬、ボッケリーニディアンドル。そして4からは、この枠なら前で運びそうなアンドラステの5頭を挙げておきたい。

人気のボッケリーニは逆転できる!

 軸選びとなるが、目下3連勝中のロータスランドは、小倉コースが未経験であることと、高速決着への対応が未知数であるという点が割り引き材料だ。となると、実績では最上位と思えるボッケリーニの出番となりそうだが、そのボッケリーニとの比較で差はないと思えるダノンチェイサーを◎に抜擢したい。小倉1800mでは昨夏の小倉日経オープンで3着の実績があるが、コンマ1秒差で2着だったのがボッケリーニ。ただ、当時はダノンチェイサーの方が1キロ重い斤量だったのに対し、ハンデ戦の今回は逆に1キロ軽くなっている。当然、逆転があっていいはずだ。

ダノンチェイサー

太目感なく仕上ったダノンチェイサー


結論

軸馬 ダノンチェイサー
相手 アンドラステ
   ディアンドル
   ボッケリーニ
   ロータスランド

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル