直線でハプニングも… 柴田善の教えを「結実」メイショウムラクモ

佐藤直文 レース回顧
レパードS

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

競馬を教えてくれた“先生”に 見事に応えたメイショウムラクモ

 1000m通過61秒4は、けっして遅いペースではなかったが、先に行きたい馬が揃っていた割には落ち着いた流れ。好位で運んだ勝ち馬に上がり最速タイの脚を使われてしまっては、後続も成す術がなかったと言えるだろう。

 そのメイショウムラクモは、大外枠からポジションを取りに行った最初のコーナーで掛かり気味になったのは仕方なかったが、2コーナーを回って落ち着いてからは全くストレスを感じさせない走り。外枠もかえって良かったかもしれないが、大ベテランの柴田善Jがここまで競馬を教えてきたことを結実させたと言える。直線で抜け出す際にステッキを落とすご愛嬌もあったが、そこから文字通りノーステッキで後続に3馬身の差を付けたのだから、掛け値なしに強かった。

メイショウムラクモ

メイショウムラクモ騎乗の柴田善JはJRA重賞の最年長勝利記録を更新

 2着スウィープザボードは、中団追走から3コーナーを過ぎて馬群の外目を手応え良く進出。うまく流れに乗った理想的な競馬ができたが、今日のところは相手が強過ぎた。

 3着レプンカムイは、内枠からスンナリと先手を取り、レコード決着だった前走よりも楽なペースで運ぶことができた。最後は力尽きたものの、自分の競馬はできたように思える。

 4着ノースザワールドは、後方から終始外を回る形で追い上げたが、先行有利の新潟ではここまでだった。

 5着ハンディーズピークも、直線では大外から目立つ伸び脚を見せたが、道中で流れに乗ることができなかったことが致命的だったか。

 オセアダイナスティは、好位の外目をスムーズに追走できていたが、直線で反応しなかったあたり、まだ気性面に課題がありそうだ。ホッコーハナミチは、道中で揉まれた影響もあったが、行きっぷり自体が本物ではなく、酷暑の中で状態が伴っていなかったか。ルコルセールも、ここまで大きく負ける馬ではなく、函館で追い切っての輸送が体調面で裏目に出たかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル