【小倉記念】雨の小倉に穴の香り 狙わぬ手はない!軽ハンデホース

調教班レポート
小倉記念

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 何はともあれオリンピックが幕を閉じ、小倉競馬がリスタート。今年は現地に滞在しての仕事となったが、滞在馬の数が少ないうえに週中から降り続く雨で重い空気が漂っている現状だ。しかしながら競馬が始まればテンションも上がるのが性で、特に今週のメインは伝統のハンデ戦。しかも、穴党にとっては願ってもないコンディションではないか。一気に鬱憤を晴らしてみせようではないか。(小倉滞在調教班・田崎泰)

モズナガレボシに天の恵み

 実績なら皐月賞2着のヴェロックスだろうが、近走の不振はメンタルが大きく影響している印象で、まだアテにはできない。昨年の覇者アールスターも斤量が増えてからは善戦止まりだし、上がり馬のファルコニアは道悪がどうか。いよいよもって波乱の予感しかしないメンバー構成だ。こういう時こそ頼りになるのは人でも馬でも地道に頑張るタイプ…、ん、モズナガレボシがいるではないか!
 初勝利までに時間がかかったのが今となっては幸い、しっかりと地力をつけて芝では全て5着以内の堅実ぶり。相手なりに走れる反面、鋭い決め手に欠けるのが弱点なのだが、天の恵みがそれを打ち消してくれようとしている。53キロで松山騎手なら狙わない手はないだろう。

モズナガレボシ

絶好の気配をキープしているモズナガレボシ

田崎泰

筆者:


1973年大阪生まれの千葉育ち 1997年入社。栗東時計班でCウッドコースを担当。予想で最も重視するのは条件に対する適性で、馬券の基本は単勝だが、WIN5もライフワーク。西船橋に住んでいた時代、初めて競馬場で見たのがツインターボが逃げ切ったオールカマー。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル