馬券の主役は裏函組! 現地TM激推しの馬は

調教班レポート

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 オリンピックが閉幕していよいよ夏の北海道シリーズも佳境に入ったが、自分は6週間の札幌出張を終えて今週から再び函館へ移動。平穏だった札幌に比べて単に在厩馬が多いだけではなく、ソダシやラヴズオンリーユーなど豪華な顔ぶれが揃い、やはり馬券の中心は“裏函”組となりそうなムードだ。(裏函調教班・瀬古満明)

これは確勝級 GIも狙える大器モンゴリアンキング

 そんな中でもひと際輝いてみえたのが、土曜5Rの新馬戦に出走するモンゴリアンキング(栗東・安田隆厩舎)。火曜日に初めてその姿をとらえて垢抜けた好馬体は目に焼き付いていたが、翌日の芝コースでの追い切りが素晴らしかった。パートナーのラピカズマは併せ馬でほとんど負けたことがないほど調教駆けする馬だが、それを2馬身後ろから追走して直線で馬体を併せるとアッサリと1馬身先着。前日には函館市内の一部に避難指示が出るほどの大雨が降った後なので、かなり重い馬場状態だったはずだが軽く仕掛けた程度でラスト1ハロンは11秒5の鋭さ。

モンゴリアンキング

大物感溢れるモンゴリアンキング

 父キングマン産駒と言えば今年のNHKマイルカップを勝ったシュネルマイスターが記憶に新しいところだが、奇しくも同じ札幌芝1500m戦でのデビューとなる。このレースにはGI馬アジアエクスプレスの妹、リンクスルーファスも出走していて注目の一戦となるが、調教通りの走りができれば初陣を飾れるのはこの馬か。

筆者:


1971年東京都生まれ 1991年入社。栗東の厩舎・関係者取材を担当。予想スタイルは中穴で、馬券は点数を絞る。競馬好きだった父親の影響でこの世界へ入り、趣味は、ゴルフ、落語。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル