ソダシを知り尽くした男の“完璧な騎乗” ラヴズオンリーユーは「脚を余した」

佐藤直文 レース回顧
札幌記念

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

歴戦の古馬を相手に 輝きを取り戻したソダシ

 今年も4頭のGI馬が顔を揃えたスーパーGII。前半1000m通過は59秒9、決着タイムが1分59秒5という平均ペースで、そのGI馬によるワンツースリーとなったことを考えても、各馬が力を出し切れる流れだったと言える。

 ソダシは、大外枠から出たなりで運んで2番手のポジションを確保。序盤からスッと動ける強みを生かしただけでなく、途中で動いてきたブラストワンピースのマクリを凌いだ上での早目先頭から堂々と押し切る、着差以上の強さだった。前が残る馬場状態や斤量の差も生きたとはいえ、全てを知り尽くしている吉田隼騎手の完璧な騎乗ぶりもまた見事だったと言える。

 2着ラヴズオンリーユーは、勝ち馬とは対照的にブラストのマクリをやり過ごした形だったが、勝負どころから外を回らされた上に、結果的には仕掛けが遅れてしまった。そこまでキレるタイプではないだけに、脚を余した感も受けた。

 3着ペルシアンナイトは、上手な立ち回りで勝ち馬をマークして運び、直線で一旦は昨年に続く2着確保かと思わせた好内容。少し時計のかかる馬場も絶好の条件だったと言える。

 4着マイネルウィルトスは、中団のインでロスなく運べたことが好走の因だろうが、GI馬4頭に割って入ったのは地力強化の現れだ。

 5着ブラストワンピースは、向正面から一気に動いて見せ場を作ったが、勝ち馬の抵抗にあったことと、自身もまだ復調途上で最後に止まってしまった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル