重賞連勝を狙うトーセンスーリヤの感触を横山和生ジョッキーに直撃!【新潟記念】

想定班レポート
新潟記念

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

小野智美TMが、横山和生騎手へ電話取材を敢行

 今年は現時点で56勝、自身の勝ち鞍のベスト記録を大幅に更新し現在、関東リーディング第3位と充実著しい横山和生騎手。今週も期待馬が目白押しだが、まずは新潟記念のトーセンスーリヤ(美浦:小野次厩舎)について聞かなくては! 本人への電話取材を敢行した。

トーセンスーリヤ

―札幌から駆けつけた1週前追い切りの感触は?-

「今週の最終追いでしっかり仕上がるなって感じだったよ。暑さを考慮しながらダメージを残さない様に仕上げてきたと先生も言っていたし、いつものスーリヤの力は出せると思う」

―斤量は心配なのかな?-

「いや、斤量は気にしてない、っていうかこれからもっと大きなレースにチャレンジしていく馬だからGIIIで斤量が応えるとかじゃ困るからね。そこは今後に向けてのいい経験値として生きてくると思ってるから心配はしてないよ。むしろ週中に降っている雨が早く乾け!と思ってるよ。荒れた馬場は得意だけど濡れた馬場がダメな馬だからね。そこだけ」

―それなら期待できるねー

「スタートもしっかり出てスッといい位置で競馬ができる様になっているし、それで最後まで我慢できる事がこの馬の一番の成長だね。2,3走前は明らかに馬場が合わなかっただけだから何とか3つ目の重賞タイトルをと思って臨むよ」

今の天気予報では日曜日は晴れマーク。水はけの良い新潟芝で太陽が後押ししてくれるなら「買いの手」で!


 

―じゃあ、今週のおススメをもう1頭、頂戴―

「人気とのバランスを考えると、土曜札幌2Rスマイルバック(栗東:松永幹厩舎)だね。初戦時からいい馬なのは分かっていたけど条件が違っていたみたい。前走試したダートの走りは凄く良かったし、乗り方一つで次は勝ち負けするって感じたからね。ちょっと穴っぽい感じで面白そうでしょ!」

横山和生

今年“絶好調”の横山和生騎手(写真:札幌競馬場にて)

貴重なお昼寝タイムにもかかわらず電話取材に快く答えてくれた和生ジョッキー。「今週も頑張ります!」と言って電話を切った歯切れのいい声に今週もまた活躍の予感しかしない。

 

筆者:


1971年埼玉県生まれ 1993年入社。担当は関係者取材で、予想も取材を生かすスタイル。趣味は、ショッピングと食べること。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル