~美浦の調教班が厳選!~ 新潟記念の有力馬から激穴馬までピックアップ【新潟記念】

調教班レポート
新潟記念

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

“孤高の穴馬ハンター” 前田智基TⅯが新潟記念を斬る!

 長いようで短い、短いようで長かった夏の新潟開催もいよいよフィナーレ。となれば当然ながら最終日には、サマー2000シリーズのファイナルにして夏を締め括る名物重賞・新潟記念が待ち構えている。今年はフルゲートにこそならなかったが、それでも相変わらずと言うべきか、集まったのは一癖も二癖もありそうな連中ばかり。これだと今年も例年の傾向通りに、ちょい荒れのレースとなりそうな気もしなくもないが…。何はともあれ、ここではそんな新潟記念に出走する関東馬を直前の気配込みで紹介していこう。

 

 まずトップバッターは、前走で体調が整った状態でパンパンの良馬場なら、やはり強いことを証明してみせたトーセンスーリヤ(美浦:小野次厩舎)

トーセンスーリヤ

秋のGI戦線へ弾みをつけたいトーセンスーリヤ

その圧勝した函館記念以来となるが1週前には主戦の横山和騎手を背に豪快な動きを披露。前脚の掻き込みの力強さも特筆モノで引き続きデキに不安はなさそう。後は当日に予報外れの雨にさえ見舞われなければ連勝濃厚か。


 

 続いてはエプソムCを制して波に乗るザダル(美浦:大竹厩舎)

ザダル

重賞初制覇の勢いそのままに連勝を狙うザダル

前向き過ぎる点がネックも溜めさえ利けば、とにかく切れる。6月以来の実戦となるが気性的には、むしろフレッシュな久々の方が良さそう。実際の中間の動きも軽快そのもので、やはり有力馬の一頭なのは間違いない。


 

 他にも絶好調のベテラン柴田善騎手とコンビを組むプレシャスブルー(美浦:相沢厩舎)も侮れない。

プレシャスブルー

プレシャスブルーは追い込み一辺倒だがハマれば怖い(写真:奥)

馬場は不問でとにかく堅実。この中間も相変わらず小脚が利いており、持ち味を存分に発揮できる状態にありそうだ。


 

 穴っぽいところだと共に直前の動きが良かったマイネル軍団の2騎も気になるところ。マイネルサーパス(美浦:高木厩舎)は久しぶりに自ら走る気を見せて僚馬を突き放してみせたし、マイネルファンロン(美浦:手塚厩舎)は単走で大外を回りながらも破格の好時計を楽々とマーク。お互いに実績を遡ると、ここで足りても不思議ではないだけに、終わった時に後悔するぐらいならソッと買い目に混ぜておいた方が良いかも。

夏が終われば、いよいよ来週からは秋競馬。大物達も続々と登場してくるだけに引き続き楽しんでいきましょう。

 

筆者:


姉妹紙「競友」のトラックマン

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル