【紫苑S】中山巧者スルーセブンシーズが秋華賞へ向けて好発進!

重賞データ攻略
紫苑S

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 紫苑ステークスは2016年に重賞に格上げされてから、ヴィブロス、ディアドラといった2頭の秋華賞馬を輩出。さらにパールコード、カレンブーケドール、マジックキャッスルも、このレースをステップに本番で好走しており、秋華賞との結び付きは近年非常に強くなっている。ここでは、重賞に格上げされた過去5年のデータから今年の注目馬をピックアップしていく。

 

 〇キャリア別成績
・3戦以下 〔0.0.0.12〕
・4戦   〔3.0.1.12〕
・5戦   〔0.3.1.12〕
・6戦   〔0.0.1.13〕
・7戦   〔1.1.0.7〕
・8戦   〔0.0.2.3〕
・9戦   〔0.1.0.5〕
・10戦以上〔1.0.0.6〕

 〇所属別成績
・美浦  〔4.3.4.54〕← 直近3連勝中
・栗東  〔1.2.1.16〕

 〇前走クラス別成績
・G1   〔2.2.3.16〕
・G2     〔1.0.1.8〕
・G3   〔0.1.0.3〕
・2勝クラス〔1.1.1.7〕← ※好走した3頭は前走で連対
・1勝クラス〔1.1.0.26〕← ※好走した2頭は前走で1着

過去5年のデータを踏まえて、キャリア4戦の馬が最多の3勝をマークと好相性。これを美浦所属の馬に限定すると、〔3.0.1.8〕と好走率はアップ

さらに前走クラス別で注目すべきは、前走G1組。なかでも前走オークス組は要注意。〔2.2.3.14〕と馬券に絡んでいるが、そのオークスで勝ち馬と1.0秒差以内の馬に限ると〔2.1.2.5〕と半数が馬券に絡んでいる。

上記3つの項目に合致するのがスルーセブンシーズ(美浦:尾関厩舎)

スルーセブンシーズ

スルーセブンシーズは、同舞台のミモザ賞を2馬身半差で完勝。中山コースで挽回を狙う!

 キャリア4戦で、前走のオークスでは勝ち馬と0.7秒差。オークスは外伸びの馬場で、内を突いて9着。馬体が減った中でも決して悲観する内容ではなかった。3戦2勝の中山コースに戻る今回は、巻き返しを十分に期待できそうだ。

 

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル