アカイトリノムスメ 国枝師「最後の一冠を獲らせてあげたい」-アパパネの娘で挑むその胸中とは-【秋華賞】

想定班レポート
秋華賞

チャンピオンズCで20万1000円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 スプリンターズS時の優馬紙面のコラム「るるぷ美浦」では、今年のスプリンターズSには関東馬の出走がゼロで寂しいものだという内容を書いたが、秋華賞では8頭の関東馬が出走し頭数でいえば「五分五分」になる。そうなると、やはり美浦トレセン内の取材陣の熱も自然と高まり、個人的にも楽しみな一戦となった。自分の担当厩舎からは、アカイトリノムスメ(美浦:国枝厩舎)ホウオウイクセル(美浦:高柳瑞厩舎)が出走する。

秋華賞

クイーンCの勝ち馬アカイトリノムスメと、フラワーCの勝ち馬ホウオウイクセル

 

まずアカイトリノムスメについては、オークス直後から国枝師は悔しさを滲ませて話していた。

「道中はいいところに収まっていたし、折り合いも付いて手応えもあったので『これなら!』と思っていたが、直線に入ったところで前が壁になって追いづらい場面があった。外から伸びてきたユーバーレーベンもいい脚を使っていたけど、着差もそうなかったしスムーズならと思っちゃうよね」

アカイトリノムスメ

「ディープ×アパパネ」の超良血馬アカイトリノムスメは、最後の一冠獲りに燃える!

 その敗戦からひと夏を越し、9月10日にトレセンに帰厩。そこから毎週、具合などを聞いてきたが、

「馬体重は春と同じくらい。もっと幅が出て欲しいというのは変わっていないが、まぁこういう体型なのかな。それでも母のアパパネより中距離向きの体つきだし、順調に予定通りのメニューをこなせたので仕上がりもいいよ。桜花賞馬もオークス馬も出てくるが、最後の一冠だけでも獲らせてあげたいよね」と抱負を語ってくれた。

春は牝馬ながらダービーに挑戦し、秋は秋華賞を目標にしていた僚馬のサトノレイナスは故障のため休養を余儀なくされたが、その分までアカイトリノムスメには最後の一冠獲りへ向けて頑張ってもらいたい。


 

 もう1頭のホウオウイクセルのほうは、紫苑S時に「馬体重が増えて随分シッカリした」と高柳瑞師が言っていたように、パドックではプラス24キロで登場。しかし、まったく太目ではなくいい体つきになっていたので期待を持って見ていた。しかし、スタートで大きく出遅れ思わずため息…。開幕週の馬場では致命傷だった。

「元々、ゲート内でうるさい面があったし、やや落ち着きもなかったのでそれが影響したのかな。でも中間はゲート練習を積んで、そこでは大丈夫だし一度使って落ち着きも出てきた。馬体重が減らなくなっていて本当に状態はいいし、相手は強いがひと雨降って上がりがかかってくれれば」
と期待は持っていた。

ホウオウイクセル

中間はゲート練習も行い、大駆けを狙うホウオウイクセル(写真:右)

 同厩舎のスタッフにも話を聞いてみたが、
「春とは馬が全然違う。間違いなく上積みはあるし、あとは普通にゲートを出てくれるのを祈るのみ。通用してもいいと思っている」
とやはり好感触だった。

やや外目の枠を引いてしまったが、巧く内に入れてフラワーCのときのようにインベタを回ってこれれば浮上してもおかしくない。

 

守屋貴光

筆者:


1978年神奈川県生まれ 2004年入社。美浦の厩舎取材を担当。取材の感触に加え、ラップやレースぶりなどを総合的に判断する予想スタイルで、馬券は単勝とそこからワイドへ数点が基本。中学時代からダビスタにハマり、そこから実際の競馬も観るようになった。一番好きな馬は、弥生賞の走りを見て鳥肌が立ったフジキセキ。

チャンピオンズCで20万1000円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

チャンピオンズCで20万1000円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2021年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル