武豊の「完璧な騎乗」に導かれたドウデュースは、来春も主役でいられるか

佐藤直文 レース回顧
朝日杯フューチュリティS

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

GIコンプリートへリーチ 武豊ドウデュースが無敗対決を制す

 昨年まで21度の騎乗で2着は5回あったものの、いまだ未勝利。競馬界の七不思議に数えられるほど縁のなかったレースで、武豊騎手が22度目にしてようやくピースを埋め、GI完全制覇へ残るは創設間もないホープフルSのみとなった。

 そのパートナーとなったドウデュース。序盤は中団馬群の外目を折り合い重視で運び、勝負どころからは2着馬を前に見る形で射程圏に。直線を向いてスムーズに大外へ持ち出し、一旦は先頭に立った2着馬をキッチリと捉える完璧な内容だった。マイナス10キロと絞り込まれた馬体からも状態の良さが窺えたが、一戦毎に研ぎ澄まされてきたレースぶりでの完勝であり、血統的にも距離への不安はないだけに、来春も世代の主役としての走りが期待できるだろう。

ドウデュース

3番人気のドウデュースが武豊に朝日杯勝利をもたらした

 2着セリフォスは、序盤で出して行ったところで力んでしまい、鞍上が宥めながらの追走。勝ち馬との差はその分もあったかと言えるが、一旦は抜け出しての半馬身差であれば、来年に繋がる走りはできたように思う。

 3着ダノンスコーピオンは、勝負どころの3コーナーあたりでは勝ち馬と同じポジションだったが、そこからの反応が一息だった分、直線でも内に進路を取らざるを得なかった。ラストで上位2頭に迫りながら、内からでは捉えるまでに至らなかったのも仕方はないが、能力は示す走りだった。

 4着アルナシームは、出負けして後方からの競馬となったが、直線で開いたインを掬って渋太く脚を伸ばした形。ただ、マイルは忙しく、距離が延びてのタイプだろう。

 5着ジオグリフは、テンに無理をしなかったとはいえ、初のマイル戦の流れに付いていけなかったあたりがウィークポイントだったか。これまた距離が短かったと言えるが、ラストの伸びは素材の高さを示すものだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル