2着馬は「予想者泣かせ」 6着オーソクレースはルメールも“手探り”

佐藤直文 レース回顧
アメリカJCC

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

名コンビが鮮やかに復活 ノリ&コージが一気に突き抜ける

 戦前から予想されていたことではあったが、前半1000mは61秒2のスローペース。ただ、残り1000mあたりから急激にペースがアップして、長くいい脚が要求される距離以上のスタミナ勝負となり、結果的に、道中で後方に位置していた3頭が、1・2・4着という、追い込み馬向きの流れとなった。

 キングオブコージは、出脚が付かなかったこともあるが、テンから下げて折り合い重視の競馬。勝負どころから自分のタイミングで進出したことで、急激なペースアップにも対応でき、直線では一頭だけ次元の違う脚を見せての快勝だった。この距離やコースへの適性も高かったと言えるが、何より長いブランクを経て完全に立ち直ったと思える状態での勝利であり、この路線では今後も目が離せない。

キングオブコージ

3番人気の横山典キングオブコージが、一昨年の目黒記念以来となる重賞V

 2着マイネルファンロンは、流れに乗って運んだここ2戦とは違い、勝った新潟記念と同じような後方待機策が功を奏したと言えるが、いつ走るかわからないこういうタイプの馬は、本当に予想者泣かせでもある。

 3着ボッケリーニは、直線入り口で前がゴチャつき、やむなく馬場の荒れたインへ進路を選択した形。上位馬が馬場のいい外目を伸びたことを考えても、地力強化を示す強い内容だった。

 4着アサマノイタズラは、勝ち馬の動きに合わせて付いて行き、一瞬はセントライト記念の再現かとも思わせたが、当時より相手も強かった。ただ、この舞台は走る。

 5着ポタジェは、勝負どころでのペースアップへの反応が一息だったが、2200mは微妙に長いかもしれない。

 オーソクレースは、プラス10キロの馬体重が示す通りの余裕残し。その分、動き切れず、ジョッキーも手探りでの騎乗に映った。いずれにしろ、まだまだこれからの馬だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル