武豊「最高の騎乗」もゴール直前で涙 川田もまた「巧かった」

佐藤直文 レース回顧
桜花賞

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

惜敗続きのピリオドを大舞台で 新星誕生スターズオンアース

 前で引っ張るスプリンタータイプの馬が不在で、落ち着いた流れ自体は戦前から予想されていたことだったが、結果的に上位9着までがコンマ2秒差に犇く大接戦。イン有利のトラックバイアスも相まって、枠順の差や道中での立ち回りの差がより影響を与える結果となった。

 スターズオンアースは、中団から折り合い重視で運んで、4コーナーでもそのまま内に進路を選択。直線を向いてしばらくは前が壁となって追い出しを待たされたが、スペースを見つけると内から弾かれる不利を受けながらも、溜めていた脚を全開して前を差し切ったもの。馬群で運ばせることにより課題のモタれ癖も封じ込んだ川田ジョッキーの巧さもさることながら、状態面の良化、そして他の有力馬と比べて有利な枠順もまた、勝利を引き寄せたと言えよう。

スターズオンアース

武豊ウォーターナビレラ(赤帽)をゴール直前で捉える川田スターズオンアース(青帽)

 2着ウォーターナビレラは、道中2番手でスムーズに折り合い、武豊ジョッキーも思い通りの競馬ができていたはずだ。直線で内から迫った3着馬を振り切って勝利を手中に収めたかと思われたところで勝ち馬の強襲に遭った形だが、これは仕方がなく、最高の立ち回りができたように思う。

 3着ナムラクレアは、最内枠のアドバンテージを生かして、これまた思い通りの競馬ができていたが、最後に2着馬に伸び負けたあたりは距離が微妙に長い分か。

 4着サークルオブライフは、枠なりに外を回る競馬で最後も一番の伸び脚を見せたもの。せめて真ん中くらいの枠を引けていれば、結果も違っていたかと思える。

 5着ピンハイは、前走同様インにこだわって直線でも自分の脚を使った形。前走がけっしてフロックではなかったことを示したと言える。

 ナミュールは、この馬としては無難なスタートを切れていたが、やはり大外枠から位置を取るのは難しかったか。勝ち馬からコンマ3秒差ならけっして悲観すべき負け方ではないが、少し馬体が淋しく映ったことも確か。そのあたりを含めて次へどう立て直してくるかだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル