無敗のイクイノックス、ダノンベルーガの気になる状態は!?【皐月賞・調教ジャッジ】

調教班レポート
皐月賞

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先日の地震の影響で福島開催が1週遅れて今週からスタート。そして、春の中山開催を締めくくる牡馬クラシック1冠目、皐月賞が行われます。2歳G1の勝ち馬が共に出走するだけでなく話題の素質馬も参戦と、非常に楽しみな一戦となりました。皐月賞に出走する関東馬の追い切りの様子を何頭かピックアップしたいと思います。(美浦調教班:松田匡弘TM)

まずは木村厩舎の2騎から。2戦2勝のイクイノックスは、ルメール騎手を背に小気味の良いフットワークで直線半ばでスッと抜け出して先着しました。東スポ杯2歳Sからのぶっつけですが、馬体も太目感はなさそうですし気合乗りも上々でした。状態に関しては文句なしと言って良さそうです。

イクイノックス

ルメール騎手が2週続けて跨り好感触 イクイノックス(写真:左)

札幌2歳Sの覇者ジオグリフは、初コンビとなる福永騎手を背に鋭い伸び脚を見せキッチリ先着しました。こちらも共同通信杯からの参戦でレース間は開きましたが、仕上がりは良さそうです。2頭とも木曜に北Cコースで軽く運動をこなし、ジオグリフは時折チャカチャカする仕草を見せていましたが、イクイノックスは落ち着き払った周回をしていました。

ジオグリフ

この中間は攻めの雰囲気が一変しているジオグリフ

その共同通信杯でジオグリフを破ったのがダノンベルーガ。先週には好時計をマークして追走併入しましたが、直前は先行する形。とはいえ、非常に軽快な脚捌きで相手を追い付かせる事なく先着しました。馬体もスッキリ見せており仕上がりは上々といえます。今回はやはり中山コースでのレース運びがカギとなりそうですが、能力はもはや世代でもトップクラス。その走りに注目です。

ダノンベルーガ

ダノンベルーガ 堀厩舎はドゥラメンテ以来の皐月賞制覇へ

最後に前走の弥生賞でG1馬を撃破したアスクビクターモア。今回も単走での追い切りしたが、伸びやかなフットワークでありながらも力強さ十分。前走同様、好時計をマークしており、大舞台へ向けて万全の態勢と言って良いでしょう。

筆者:


姉妹紙「競友」のトラックマン

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル