日本ダービーでの逃げ切り勝ちは、1997年サニーブライアンが最後

日本ダービー予想トリビア
日本ダービー

6月25日(土)東京11R 払戻金14万9900円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー・逃げ馬の成績

 初代日本ダービー馬のワカタカ(1932年)、ハイラップを刻んだカブラヤオー(1975年)、“ナカノコール”が巻き起こったアイネスフウジン(1990年)など、以前は見られた逃げ切りでの勝利。しかし、1997年サニーブライアンによる逃走劇を最後に、日本ダービーでの逃げ切り勝利は途絶えてしまっている。

 1998年以降の逃げ馬の成績は[0.3.1.20]。二桁人気の馬による“いちかばちか”のような逃げも多く含まれるが、勝ち切るまでには至っていない。2着に入った3頭は、青葉賞勝ちから駒を進めてきたアドマイヤメイン、後の菊花賞馬アサクサキングス、皐月賞馬のエポカドーロという顔ぶれになっている。

6月25日(土)東京11R 払戻金14万9900円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

6月25日(土)東京11R 払戻金14万9900円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル