エプソムC、函館スプリントSの軍資金GETにオススメの厳選3頭とは

想定班レポート

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~“美浦のいぶし銀”大江原毅TMが厳選3頭を一挙紹介~

クラス再編成で3歳馬と古馬の混合戦が先週から始まったが、降級制度がなくなった今、勢いと斤量恩恵がある3歳馬優勢は大方の予想通り。今週も条件有利な3歳馬をピックアップしてみた。

 まずは土曜東京7Rのニシノスピカ(美浦:鈴木伸厩舎)。未勝利勝ちは先行逃げ切りだったが、昇級緒戦の前走は一転して後方から差す競馬で2着を確保。距離短縮で前に行けなかったのは確かだが、馬込みで砂を被っても怯まず走れたように競馬センスは相当高い。短期放牧を挟んでの調整になるが「落ち着きがあって調子は凄くいいね」と鈴木伸師。前走のレースぶりから1F延長のマイル戦も追い風になりそうだ。

ニシノスピカ

ダートに替えて底を見せていないニシノスピカ

 そして今週から開幕する函館競馬からは、まず土曜函館11Rに出走するリトス(美浦:高橋裕厩舎)に注目。前走は時計が出る馬場だったにしても、1分20秒を切る好時計で3着に好走。大幅な馬体増こそなかったが、中身がシッカリしパワーアップしているのは間違いない。勝ち馬のウインマーベル(後の葵S勝ち馬)を物差しにすれば2勝クラスなら上位と言える存在。昨年の函館2歳Sは一息の結果に終わってしまったが、コース適性ではなく競り合う形で息が入らなかっただけ。抑えが利く今なら状況に応じた競馬ができるはずだ。体調面に関しても「ここを目標にいい状態で送り出せたよ」と高橋裕師も好感触。距離短縮もプラスに働きそうで、ここは勝ち負け必至と見ている。

リトス

洋芝実績もあるリトスが1400mを経験し、充実一途。

 日曜からは函館8Rのグラスミヤラビ(美浦:大江原厩舎)。期待した前走は直線競馬では最悪の1枠2番。そこで出負けでは万事休す。全く何もできず参考外と言っていいレース。今回は洋芝の1200m戦を狙って函館入りし、鞍上も小倉でこの馬を勝利に導いてくれた横山和騎手に依頼。今回で一息入れる予定でここは目一杯の仕上げ。「好結果を期待している」と陣営も力が入っており、そろそろ馬券に貢献していい頃だろう。(美浦:大江原毅TM)

筆者:


1954年福島市生まれ 1983年入社。美浦の厩舎取材を担当。若い頃はそうでもなかったが、歳を重ねるとともに手堅い予想に。この世界に入ったきっかけは、兄弟が騎手を目指していたため。(兄は哲・現調教師、弟は隆・元騎手)

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル