優馬編集長日誌 3月10日号「素晴らしいレース」

優馬編集長日誌
弥生賞中山牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

過去と現状が違う中山牝馬S

 さて、女性ジョッキーで盛り上がる中、今週は牝馬の注目レースが3鞍。桜花賞のトライアルとなるアネモネS(土曜・中山)・フィリーズレビュー(日曜・阪神)、日曜の中山では古馬の牝馬による中山牝馬Sが行われる。桜花賞トライアルの2鞍は賞金400万の1勝馬も数多く登録していて、さらには重複して登録している馬まで…。今は出走メンバーもはっきりしていないので、ここは中山牝馬Sについて考えを述べさせていただくことにする。

 その中山牝馬Sだが、前10年を紐解くと あまり4歳馬が活躍していない。成長力や充実度など、最もイキのいいはずの世代が一番でないというのは意外といえば意外なことである。過去10年の勝ち馬の数は5歳4頭、6歳3頭、4歳2頭、7歳1頭、8歳以上は0。勝率は7歳→6歳→5歳→4歳の順。連対率では6歳→5歳→7歳→4歳の順だった。

 だが、私自身、現4歳馬は贔屓にしている世代。贔屓の理由は以前にも述べたが現4歳世代のレベルが結構高いということ。そこで別のデータも示しておこう。

 現4歳世代が上の世代と戦い始めたのは昨年の6月からだが、以降のJRA重賞における世代別の勝率は現4歳世代がトップ。この勝率トップは年明けの重賞に限っても同様、牝馬限定の重賞に限っても同様。前10年で4歳馬が不振とはいえ、このデータを見てしまうと4歳馬が劣勢などとは思えなくなる。ちなみに連対率では現5歳世代が現4歳世代を上回って1位(昨年6月~)。これは牝馬限定の重賞に限っても同様で、馬券の軸馬として考えるなら現5歳世代も侮れないか。現在のところ4歳馬ではルージュバック(デビュー2戦目に高UK値)、シングウィズジョイ(同じくデビュー2戦目に高UK値)、アースライズ(2走前が高UK値に近い値)の3頭に着目。5歳馬では前走が高UK値のマイネグレヴィル(今のところ除外で出られない可能性が高いが)、5走前が高UK値のシュンドルボン、牡馬相手の重賞で前走好走のハピネスダンサーあたりに目をつけている。

シングウィズジョイ

勝ったターコイズS以来のレースとなるシングウィズジョイ(撮影:日刊ゲンダイ)

 

それでは最後に先週の高UK値馬を

優馬プレミアム 事前登録受付中

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル