【朝日杯FS回顧】ドルチェモア“最大の勝因”は何か 「内から乾いた」馬場での攻防戦

佐藤直文 レース回顧
朝日杯フューチュリティS

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

センスの高さと絶好枠で ドルチェモアが無傷で戴冠

 雨の影響で土曜最終の時点では稍重だった馬場は、朝から良馬場に回復していたが、そこからも日中の好天で内から乾いていくパターン。実際に道中で外を回った馬には厳しい馬場傾向となり、枠順や立ち回りの差が結果を大きく左右したように思う。

 ドルチェモアは、絶好の2番枠からスタートを決め、行きたい馬に行かせて好位3番手の理想的なポジションに収まった。そこで楽ができた分、直線で抜け出したあとも後続の追撃を凌ぐことができたと言えるが、理想の競馬を苦もなく演じることができたレースセンスの良さと完成度の高さが最大の勝因だったか。現時点では1600mがベストの感を受けるが、距離が延びてもある程度の対応はできそうなタイプだ。

ドルチェモア

持ち前のセンスで1番人気に応える走りを見せたドルチェモア(白帽)

 2着ダノンタッチダウンは、出負け気味のスタートから道中で内に潜り込んで距離ロスを抑えることができたが、直線で前を捌くのに少し苦労した分だけ届かなかった形。とはいえ、能力の高さを改めて示す走りで、来春の成長が楽しみである。

 3着レイベリングは、中団の外目で流れに乗り、これが2戦目とは思えない上手な立ち回り。最後は枠順の差が出てしまったとはいえ、これまた今後が楽しみになる走りだった。

 4着キョウエイブリッサ、5着バグラダスは、ともに好枠を利してロスのない競馬ができての掲示板確保。力は出し切っている。

 オールパルフェは、勝ち馬に譲られたことで比較的楽にハナを奪うことができたが、何か余所行きの競馬になった感が否めない。結果論ではあるが、前走のような直線を向いて後続との差を広げる積極性が欲しかったところ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル