ドライスタウト「痛恨の2着」を振り返って牧浦調教師が語った“新たな決意”とは!?

想定班レポート

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 5月2日(火)に名古屋競馬で開催された第25回かきつばた記念で惜しくも2着に敗れてしまったドライスタウトについて牧浦調教師に話を聞いてみた。

ー斤量差があって難しいレースでしたが、負けられなかったのではー

「ブランクから復帰してフェブラリーまでのクールとは違い、一息入れて状態は一段上がっていました。それだけにレース内容と着差を考えれば何とかしたかったという気持ちはありますね。ただ3角から勝った馬の鞍上はドライスタウトを負かすにはどうすればという強い気持ちと学びが一枚も二枚も上だったように思います。もっと自信をもって乗って貰えるような馬づくりをしていかないといけないなとジワジワと後からきていますね。勝てていたレースだったと思います」

ドライスタウト

牧浦厩舎の看板馬ドライスタウト

ー今週の土曜新潟11Rに出走するサンライズホークも賞金を加算しておきたい馬ですねー

「ドライスタウトとサンライズホークはどうしても厳しい目でみてしまうので、今週の追い切り次第でホークは使うかどうか決めようと思っていました。というのも、前回は地方交流との睨みもあって調整が難しかったことと、今回も含めて連勝時とはやはり少しデキは下がっているように感じています。ただ今後の番組を考慮してココは使っておきたいという気持ちが強いですね。追い切りの動き、そしてその後の状態をみてこれなら、と思いゴーサインを出しました」

サンライズホーク

ダート5戦4勝のサンライズホークが反撃へ

ー初めてのオープンが中山だったので前回はやはり勝手が違ったでしょうかー

「そうですね。鞍上も忙しくなるかもという準備が欠けていたかもしれません。ただ左回りの方が良い馬ですし、あの速い流れを経験できたことはココに繋がるはずですよ。出走する以上は勝たないと意味がないですからね。今後に向けて少しでも楽に番組を選択できるようになればと願っています」

筆者:


1970年広島生まれ。色々あったがTMとして実働25年。栗東の厩舎取材を担当。予想は感覚で、馬券は祈るのみ。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。