【今週のイチ推し馬】「将来性◎」国枝厩舎の“とっておき2歳馬”が秋の東京開催を彩る!

想定班レポート

宝塚記念「12万」22日(土)東京11R「77万」的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 今週末は菊花賞。先週の秋華賞とは違い、上位拮抗の好メンバーが揃ったが◎はソールオリエンスにするつもり。春の二冠を見て、距離が延びても大丈夫と思ったのは同馬で、右回りを続けて使う意味でもトライアルを叩いたのもプラス。二冠達成の可能性は高いと踏んでいる。ヒモは人気薄に数点、流す予定で「優馬プレミアム」内で公開するので興味のある方はぜひに。

 さて、菊花賞デーの新馬戦というと、有名なのが2008年にアンライバルドが勝った1戦(2着リーチザクラウン、3着ブエナビスタ、4着スリーロールス)が有名だが、土曜日の東京5Rの新馬戦も将来が楽しみな馬が多そう。なかでもサトノエピック(美浦:国枝厩舎)に注目したい。上記のソールオリエンスと同じキタサンブラック産駒だが、併せ馬で遅れたことがなく好調教を連発。国枝師も「順調に乗り込んできたし最終追いも上々の動き。大型馬だが重苦しさがなく前向きさも適度にあるし、いい雰囲気を持っている。僚馬を追いかけてスッと反応できるし、初戦から期待」と手放しで絶賛していた。先週の新馬戦で2着だったボーモンドも同じように好感触だったが、あれは勝ち馬を褒めるべきで目標にされた分もあった。本馬は同等かそれ以上の能力を感じていただけに、将来性を含めレースぶりを注視したい。

 同じく国枝厩舎から、確勝級といえるのが日曜日の東京6Rルージュスエルテ。水曜日の想定版(全厩舎の予定表のようなもの)では同馬1頭しか想定に入っておらず、レースが成立するのか…と思ったほど。最終的に9頭で行われることにはなったが、未勝利馬が6頭と大半を占め力量差は歴然といってもいい。「初戦は色々と気を遣って走っていたが、自分のリズムで行けた前走が本来の姿。特に逃げなくてもいいけど、他馬の動きどうこうよりマイペースで走らせられれば勝ち負けになるよ」と師は泰然自若の構え。翌週のアルテミスSや他のオープン特別には目もくれず、ここを目標に仕上げられており、いわば「名より実」を取りにきた形。勝って次のステージへ。

ルージュスエルテ

素質馬ルージュスエルテが2戦目でキッチリ決めた!

守屋貴光

筆者:


1978年神奈川県生まれ 2004年入社。美浦の厩舎取材を担当。取材の感触に加え、ラップやレースぶりなどを総合的に判断する予想スタイルで、馬券は単勝とそこからワイドへ数点が基本。中学時代からダビスタにハマり、そこから実際の競馬も観るようになった。一番好きな馬は、弥生賞の走りを見て鳥肌が立ったフジキセキ。

宝塚記念「12万」22日(土)東京11R「77万」的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

宝塚記念「12万」22日(土)東京11R「77万」的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。