エルムSは、ロワジャルダン騎乗のモレイラ様に“神頼み”

優馬TM座談会
エルムS

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

買える馬と買えない馬 線引きはどこ?

目黒「今年に入っても安定した競馬を続けているクリノスターオーですが、今回は2着だった一昨年と同じく平安Sからのローテーションです。4着だった昨年は間に帝王賞を挟みましたが、この馬には適度にレース間隔をあけた方が好結果を出すイメージがありますよ」

木谷「追い切りでは格下に遅れてましたが、動き自体は良かったと思いますね。とにかく渋太い馬ですし、平安Sもそうでしたが先週のクランモンタナ(小倉記念)みたいに、とにかく追って追って追いまくる競馬ならひょっとするかもしれませんよ」

広田「4着だった昨年は、ツメを気にしながら調整に苦慮していましたが、今年は栗東の坂路でビシビシ乗り込んでからの函館入りで、陣営も“過去2年と比べて、今年は本当に順調に来れた”とのことです。後続に脚を使わせるくらいのペースで先行できれば、十分に押し切れるはずですよ」

クリノスターオー

「バテそうでバテない」安定感が魅力のクリノスターオー(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「展開的にはショウナンアポロンも一緒に前へ行きそうだが…」

山崎「2走前の平安Sは、体も大きく減らして本来の行きっぷりではありませんでしたが、立て直して臨んだ前走は、再ブリンカーの効果もあってか、2番手から直線で追い出されてしっかりと伸びていましたね。中間は短期放牧を挟みましたが“馬体は緩んでいないし、動きを見ると前走以上と言っていい”と、陣営も万全の態勢をアピールしています。ハナへ行かなくても競馬ができることを示したのなら、ここでも勝負になっていいですよ」

馬場「僕はブライトラインの3年ぶりの重賞Vに期待します。骨折による1年の休養から復帰して、パフォーマンスの低下は見られませんし、58キロを背負って勝った2走前の東京戦は本当に強かったと思いますよ。以前は1400mがベストの馬でしたが、今なら追走も楽になるぶん、1700mの方が合いそうですしね」

目黒ブライトラインは函館で施行された3年前が3着でしたが、当時も口向きが悪い印象を受けましたからね。僕はやっぱりワンターンの1400mがベストだという気がしますし、コーナー4つの1700mでは色々と注文が付くと思いますよ」

デスク「あと、本紙にも印が付いているヒラボクプリンスリッカルド、個人的にはナリタスーパーワンも気になるんだが」

広田ヒラボクプリンスの前走は内枠からロスなく立ち回っての2着。今回も同じ内目の枠を引けましたが、別定で斤量が2キロ増える上にメンバーも強化されていますし、少しズブい面もあるので、ペースが上がると前走のような立ち回りも厳しいかと。馬券は押さえで十分だと思います」

山崎リッカルドは、陣営も結構色気のあるコメントでしたが、同じ先行脚質で強い馬が一杯いますからね。僕は通用しないと思ってますが…」

目黒ナリタスーパーワンも函館入厩の関西馬で僕が担当しているので、頑張れの思いを込めて△を打ちましたが、ここ2戦よりも相手が強くなりますからね。デスクには申し訳ないですが、足りないと思います」

デスク「別に申し訳なく思わなくていいし、むしろ踏ん切りがついたよ。軸はモンドクラッセでいいと思うが、そこから他の人気どころに流してもあんまり儲からないから、馬券は“ケン”だ! さ、帰ってオリンピック観るぞ」

木谷「そんな、手ぶらで帰るみたいなのはダメですよ。手ぶらと言えば、前回のロンドンで“康介さんを手ぶらで帰さない”と言った松田選手が、今度は後輩に“丈志さんを手ぶらで帰さない”と言われてメダルを獲りましたね。いやぁ、感動モンですよ」

デスク「俺も感動したが、メダルを獲れなかった女子選手には是非とも“手ブラ”で帰ってきてほしいな。特にサオリンあたりに」

木谷「な、何ですか、そのジェスチャーは…。バレーボールはまだ結果出てませんし、最後まで下ネタで攻めないでくださいよ(怒)」

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル