サイレンススズカの背中を知る男が仕掛けた“優等生の競馬” エイシンヒカリ

佐藤直文 レース回顧
エプソムカップマーメイドS

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

条件馬のワンツーフィニッシュ 【マーメイドステークス】

 こちらも前半1000m通過が61秒5というスローペースだったが、その割りに先行勢が残らなかったのは、流れが遅すぎて完全な“上がりの競馬”となったためだ。当然、道中でしっかりと脚を溜めていた馬や、ハンデに恵まれた馬の出番となったわけだ。

 シャトーブランシュは、ある程度の位置で運んで、ソコソコの脚を使って、というパターンで重賞での再三の好走歴があった馬だが、今回は思い切って後ろから運んだことが功を奏した。道中はロスなくインを回って、4コーナーで巧く外へ持ち出した藤岡康騎手も好騎乗。昨年に続いてパールステークス組の勝利だが、ハンデが貰えることやローテーション的に合うのだと言える。

外から豪快に差し切り勝ちを決めたシャトーブランシュ(撮影:日刊ゲンダイ)

外から豪快に差し切り勝ちを決めたシャトーブランシュ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着マリアライトは、好位で運んで前の馬を捕まえに行く最も強い競馬。これで差されたのはしょうがなく、勝ち馬を褒めるべきだが、牝馬同士であれば今後の重賞戦線でも核となりうる馬だろう。順調なら、秋はエリザベス女王杯でも有力視できるはずだ。

 3着パワースポットは、手の合う大野騎手で自分の競馬に徹したもの。ペースが遅かったために、早目にエンジンを点火せざるを得ず、4コーナーでも大外を回るロスがあったが、この馬にとってはそういったロスよりも、それだけ自分の競馬ができるかだ。年齢的は上積みはなくとも、どこかでチャンスはあるかもしれない。

 4着ウインプリメーラもパールS組。見せ場は十分に作っていたし、先行勢では唯一の掲示板確保を評価したい。そのパールS組で期待していたイリュミナンスは、内で巧く脚は溜まっていたものの、思ったほど弾けなかった。もう少しペースが流れてほしいタイプかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。