有力馬回避が目立つ宝塚記念 真の課題は難しいローテーションにあり

馬声人語
海外競馬宝塚記念

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

海外遠征は市場拡大のプロモーション活動

 2010年以降、わが国のサラブレッド生産頭数は7120頭→7076頭→6828頭→6836頭→6887頭と推移してきた。ここ2年が回復傾向にあり、底から脱したと言ってもいいのかもしれない。しかし、新たな競走馬需要を発掘するために海外遠征を行っていると考えることもできる。冒頭に記した3頭はキャロットクラブ所属馬で、その他にもリアルインパクトステファノスなどが今春に海外遠征を行っている。

 今後、日本産馬が海外のバイヤーに買われていくケースが増えるかは不透明な部分が多いが、日本馬の存在感が増してきているのは確か。春シーズン、日本馬が遠征する海外の中距離レースといえば、

  • ドバイミーティング(UAE・3月)
  • クイーンエリザベスS(オーストラリア・4月)
  • クイーンエリザベス2世C(香港・4月)
  • シンガポール航空国際C(シンガポール・5月)
  • ロイヤルアスコット開催(イギリス・6月)

 過去の出走歴から、おおよそこの辺り。現状では条件の合わない・厳しい国内で走らせるよりも、遠征のリスクはあるがこれらのレースを使った方がいい、という考え方はもっともである(宝塚記念へのステップとして海外のレースを使う、ということではないだろうが…)。

 馬券を買う側からすると、ドバイ帰りだったユニコーンSのゴールデンバローズのように状態を見極めることが難しいという難点はあるが、今後も海外→国内GIというパターンは一定数が存在するだろう。使う側にしてもレースの選択に多様化が生まれたからこそ、どのレースを目標にするのか、というのがこれまで以上に問われてきている。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル