春以来レッドファルクス連覇への死角は? 秋GI開幕戦のTM座談会

優馬TM座談会
スプリンターズS

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

良馬場の中山なら メラグラーナが再浮上

デスク「新たなスプリント王者の誕生、という着眼点で最も多くの支持を集めているメラグラーナだが、ここ3戦が関西圏の競馬で結果が出ていないにもかかわらず、関西本紙の中邑は◎を打ってきたんだな」

中邑「前走のセントウルSは、ラスト1ハロンで進路がなくなってまともに追えずのコンマ2秒差。久々で少し馬体に緩みがあったことを考えても上々の内容だったと思います。叩いた上積みは大きいはずですし、高松宮記念では結果を出せませんでしたが、良馬場ならGIでも勝ち負けになるレベルの馬ですよ」

加茂「直線で馬群を割る競馬を試みたのは、頭数も増える本番への予行演習に映りましたし、あの競馬がここで実を結ぶんやないかと思いますわ」

久光メラグラーナの前走は、それでも上がりは最速の数字でしたからね。3戦3勝の中山コースに替われば、先着を許した馬たちを楽に引っくり返すことができると思います。これまで名前の挙がった実績馬がいずれも久々ですから、一度叩いたアドバンテージも大きいですよ」

小桧山メラグラーナの中山での3戦3勝は、いずれも内容のレベルが相当高かったからな。中京2戦の敗因が馬場、前走も叩き台で脚も余した4着なら、春先の評価は下げられないし、良馬場の中山なら違うはずだぞ」

山崎メラグラーナは南半球産ですから、5歳の秋を迎えた今こそが充実期でしょうね。エンジンのかかりの遅さがあるとはいえ、とにかくスムーズな競馬ができれば前を呑み込むことができますよ。モマれ弱さもあるので外枠が理想かと思いますが、極端な内でもなく真ん中の枠を引けたのであれば、その可能性も高そうですね」

デスク「当然、一叩きしたことで陣営も満足の行く仕上げなんだろ?」

桜井「一週前にCWコースの併せ馬で負荷をかけ、直前は坂路でサーッと、という調整パターンは予定通りです。池添学師いわく“本番を見据えた仕上げ”だった前走を叩いて、状態は陣営の見込み通りに上向いていますよ。好走に注文が付くタイプであることは確かですが、力をフルに出し切ればチャンスはあるでしょうね」

小野智「戸崎圭騎手は“3戦3勝の中山はピッタリですし、セールスポイントであるキレ味を存分に生かすレースをしたい”と、それなりの自信の表情を浮かべてましたけど、“不安点を探せば、少し持ち時計が足りない気もします”と。個人的に、私はこの言葉が引っかかってますけど」

メラグラーナ

中山競馬場では3戦3勝のメラグラーナ(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「で、智美はダンスディレクター◎ときたのか」

小野智「2走前のシルクロードSでは、高松宮記念の勝ち馬よりも重い斤量を背負って差し切っているんですから、出走できていればダンスディレクターが春のスプリント王になったと今でも信じてますよ。昨年のこのレースでは流れに乗れなかったもので目をつぶれますし、その高松宮記念の上位組が揃って休み明けなのなら、前走で大外を回って3着と足慣らしできたこの馬にチャンスが訪れるはずです」

西田ダンスディレクターの前走は、骨折明けだったこと考えても価値のある内容だったと思いますね。叩いての上積みは相当大きいはずですし、セイウンコウセイを物差しにすればGIにも手が届くだけのレベルですよ」

デスクダンスディレクターは“牝馬”のハートを鷲掴みなんだな」

持木「野郎で申し訳ありませんが、僕もダンスディレクター◎です。前走のセントウルSは、正直言って上位に来るレベルの仕上げではなかったように思えたんですが、改めて能力の高さを知らしめましたね。臨戦課程としては昨年と同じでも、今年は結果を出せそうですよ」

須藤レッツゴードンキは、昨年のこのレースで、展開不向きで9着に敗れたとはいえ、上がり32秒9の豪脚を使ってわずかコンマ2秒差。そして春の高松宮記念ではレッドファルクスをおさえて2着確保と、気性の激しさを制御できるようになった昨夏以後は、スプリント路線でトップクラスの力を示しています。控える形なら自慢の末脚が炸裂しますよ」

馬場「僕も、レッツゴードンキの高松宮記念は流れを考えるとかなり強い2着だと思いますし、久々も苦にしないタイプですからね。前走のヴィクトリアマイルこそ凡走しましたが、気性面から言っても1200mでこその馬ですよ」

守屋レッツゴードンキの前走に関しては、少し行きたがる面を見せていましたし、使い込んでいた影響もいくらかあったと思います。岩田康騎手が徹底的に教え込んでいた、ためる競馬ができれば差はないはずですよ」

加茂「確かにレッツゴードンキは、気持ちで走るタイプやから久々をそう割り引く必要はないとはいえ、“本当はもう少し早く調教を開始したかったんだけど、前走を使ったダメージが思った以上に抜け切らなかった”という陣営の言葉通り、いつもの休み明けに比べて急仕上げの感が否めませんわ。しっかりと乗り込めていたら、◎も考えていた馬なんやけど…」

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル