3000m&台風に屈しないド根性ホースは? 菊花賞TM座談会

優馬TM座談会
菊花賞

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

今年のレベルなら 通用していい上がり馬

デスク「菊花賞と言えば上がり馬。特にダービー馬が不在の今年は、狙える馬も多いんじゃないかと思えるし、過去を振り返っても古馬1000万を勝って臨む馬が結構馬券になっているんだよな」

久光「中でも狙い目はトリコロールブルーですね。春は、スプリングSから青葉賞と、3度の東上の間に見る見る体調を落としていて、特にイレ込みが酷かった青葉賞ではグリーンチャンネルのパドック解説でも酷評した記憶があります。前走はプラス32キロと、馬体をV字回復させての快勝でしたが、パドック映像でのリラックスした気配は、春とは別馬に感じましたね。ひと夏越しての成長に加えて、馬場や距離にも不安はないだけに、互角に戦えると思います」

田崎「僕もさすがにトリコロールブルーの前走のプラス32キロは、太目残りなのかと思いましたが、これはそっくり成長分と見ていいですね。近年の菊花賞では、内枠を引いた馬の好走が目立っていますが、元々センスのいいタイプですから、枠を味方に付けるシーンも十分アリかと思います」

広田「陣営も前走のプラス体重は“減っていた分の回復と成長分”という判断です。着差以上に強い勝ちっぷりでしたが、キレるというよりは渋太いタイプですから、道悪で乱戦になれば食い込む余地がないとは言えませんね」

小野智「戸崎圭騎手は、前走でクビ差2着だった馬の次走に注目していて“どんだけ強い勝ち方をするのか”と思ったら、断然人気で3着に負けて“アレレ?”とトーンが下がったそうです。ただ、栗東へ追い切りに乗りに行って感触はしっかりと掴んだようですし、“最善を尽くします”とのことでした」

トリコロールブルー

馬体の成長が著しいトリコロールブルー(撮影:日刊ゲンダイ)

小桧山マイネルヴンシュは、輸送による馬体減りを考慮して、15日に栗東入りし、金曜に京都競馬場へ移動する気の使いよう。前走より減らなければ、素質や血統から軽くは扱えないぞ。本当に良くなるのは4歳になってからかもしれないけど、馬場の悪化もあってよりステイヤーの血が生きる競馬になれば、一発があっていいと思うけどな」

吉田「これまた1000万勝ち上がり組ですが、クリノヤマトノオーが面白いんとちゃいますか。前走こそ出遅れから一気の脚を使っての差し切りでしたが、本来は好位で運んで競り合って渋太い馬。そういう競馬やった2・3走前でも、前半で頭を上げて口を割るなど、フルに力を出し切ったわけではないように思えますし、秘める能力はかなりのレベルなんやないかと…。中1週で地味な追い切りだったとはいえ、前後肢を大きく広げて走るフットワークは、まさに長丁場向きという感じやったし、大穴として買ってみたいですわ」

那谷「上がり馬ではないけれど、穴馬として面白いのはクリンチャーだよ。父のディープスカイは、現役の種牡馬の中で産駒の道悪での勝率がかなり高いんだ。そもそも皐月賞でコンマ4秒差なら、能力的に大きく劣るわけでもないし、内枠の利を生かせれば粘り込みもあっていいと思うぞ」

伊利「菊花賞こそ血統的アプローチがモノを言うレースだと思いますが、僕もクリンチャーですね。産駒のナリタブライアン、マヤノトップガンが連覇しただけでなく、この馬と同じく母の父としてもスリーロールスを送り出しているブライアンズタイムの血を信じたいです。手応え以上に渋太かった皐月賞で見せたスタミナが、この舞台で生きると思いますよ」

デスク「あとは、ダービー出走組では4着と最先着だったマイスタイルの名前が挙がっていないけど」

福田「追い切り後の水曜の取材で“道悪は苦にしないので内枠が欲しい”と話していた昆師やけど、枠順決定後に話を聞いたら“これだけは致し方ない。どう乗るかは鞍上に任せるだけ”と、言葉も少なめやったわ。ロスなく運んで消耗戦になれば、と思うとったけど、この枠ではさすがに厳しいでぇ」

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル