普通に走れば勝って当然、ゴールドシップが魅せた超A級の底力

佐藤直文 レース回顧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

これまた3戦3勝で本番へ 【スプリングステークス】

2歳王者ダノンプラチナを差し置いて1番人気に推されたのが、2戦2勝のリアルスティールだが、勝利の女神が微笑んだのは、同じ2戦2勝馬でもキタサンブラックの方だった。

これまた1枠1番から上手な競馬ができたことが勝因と言えるが、デビュー戦が中団からの差し切りで、2戦目が先行しての抜け出し、そして今回が3角から先 頭に並びかけて早目先頭からの押し切りと、全て異なるパターンでの勝利は評価できる。自在性を武器に、本番でも伏兵以上の存在となることは間違いない。

2着リアルスティールは、前半1000m62秒6のスローペースで結果的にタメ過ぎたと言えるが、一頭だけ次元の違う伸び脚を見せており、土こそ付いた が、本番へ向けての試走としては合格点を与えていい。ダノンプラチナは、そのリアルにキレ負けした形。更に1ハロン距離が延びる本番に不安を残す内容だっ た。

普通に走れば勝って当然 【阪神大賞典】

前走の惨敗を不安視する向きもあったゴールドシップだったが、やはり自分の庭で普通に走れば、何てことはない強さを見せた。長距離戦としてはかなり速い流れは、この馬にとっては僥倖。最後に2着馬が迫ってきてからもうひ と伸びした底力は、やはり超A級であった。過去2度とも敗れている天皇賞への出否は未定のようだが、是非とも胸を張って出走して欲しい。

デニムアンドルビーは、速い流れで折り合いが付いて能力をフルに発揮できたもの。今日のところは相手が悪かっただけで、強い2着だ。ラストインパクトは、自分の競馬に徹して差を詰めたが、やはりこの距離になるとキレ味が鈍る。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル