1勝馬か2勝馬か TM陣の◎も割れた京成杯の座談会

優馬TM座談会
京成杯

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

今年のメンバーならキャリア1戦でも 器は互角以上のラストドラフト

デスク「ここで気になるデータをひとつ。新馬勝ちのキャリア1戦で臨む馬は、過去10年で最高でも3着止まりなんだよな、坂倉」

坂倉「今年のメンバーレベルを考えれば、僕はラストドラフトで勝負になると思ってます。折り合ってキッチリ差し切った初戦の内容はかなり優秀ですし、メンバー自体もハイレベルだったもの。まだ若さを覗かせる走りだったので、その分の上積みも大きいはずです。中山へのコース替わりや、ある程度の流れになってどうか、という未知の部分はありますが、それを上回る器の大きさを感じますよ」

馬場「初戦の2着馬が、次走に大楽勝で勝ち上がっていることを考えても、僕も相当なレベルの高さだったと見てますよ。重賞とはいえ、このメンバーなら狙って損はないはずです」

板子「課題があるとすれば、坂倉さんも言っていた“若さ”で、前走でも直線で何度も手前を替えるシーンがありましたが、それでいて速い上がりでまとめたのは好素材の証明でしょう。先々まで注目したい馬ではありますね」

武井ラストドラフトの前走は、まともに走ったのはラスト100mだけのような気もしますね。あくまで未知の魅力という次元の話ですが、非凡な瞬発力でアッサリのシーンがあっても驚けないと思います」

小島「陣営も“前走は余裕が十分にあった着差以上の完勝”という見立てで、この中間の動きも“抜群に良い”というジャッジです。“ルメール騎手が続けて乗ってくれるのは心強く、器用さもあるので中山も大丈夫でしょう。何より厩舎の期待馬ですし、浅いキャリアを素質で相殺してほしいですね”と、戸田師は期待を寄せてましたよ」

ラストドラフト

桜花賞馬マルセリーナを母に持つラストドラフト(手前)(撮影:日刊ゲンダイ)

板子「同じキャリア1戦馬ですが、ヒンドゥタイムズもなかなかの素材でしょうね。初戦は離れた3番手で折り合って運び、4コーナーで前の2頭が接触してできたスペースを抜け出したもの。見た目には恵まれたところがあったかもしれませんが、鞍上の仕掛けに瞬時に反応して空いたスペースに割って入れたのは、レースセンスの高さゆえでしょう」

加茂「これまた未知の面が多いことにはなるんやけど、“ここを目標に調整してきたし、輸送自体も苦にするタイプではないと思う。このメンバーでどれだけやれるか楽しみにしている”と話した斉藤崇師は、“かなり自信アリ”の表情でしたわ」

山崎「前走で評価を落とした感もあるカイザースクルーンですが、少しアオリ気味のスタートで“出してポジションを取りに行ったことが裏目に出た”と相沢師も振り返ったように、最後に息切れしたのも仕方のない速いペースでしたからね。“攻め駆けするタイプではないですが、この馬なりに時計は出ていますし具合はいいですよ。スタートを決めて好位で運ぶ形なら、持ち味が生きます”と話す石川騎手の思惑通りの競馬ができれば、巻き返しも可能ですよ」

大江原「同じように前走からの巻き返しも可能なのがカテドラルだぞ。前走はメンバーが揃っていたこともあったけど、状態や気持ちの問題と言える負け方だったからな」

桜井「まだ粗削りな面は残すものの、鋭い決め手を発揮して連勝した内容からも素質は確かですからね。一息入れてキッチリと立て直されていますし、大敗後とはいえ、前走よりもメンバーのレベルが落ちるここなら見直しが必要でしょう」

瀬古「関西からの遠征組ではリーガルメインも侮れませんよ。初戦はスッと先行して勝ち馬に最後まで食い下がり、前走は中団に控えての差し切り勝ちと、素直でどんなレースでもできそうなセンスの良さを感じる馬です。“まだトモに緩さがありますし、まだこれから良くなる馬ですが、レースに行くと一生懸命に走ってくれるんです”とは、担当の甲斐助手。派手さはないですが、人気ほどの実力差はないと思います」

デスク「あとは守屋の◎ナイママが残ってたな」

守屋「コスモス賞や札幌2歳Sを見ると長くジワジワ脚を使うタイプなので、前走の東京コースは合わないだろうと思っていましたが、案の定、瞬発力勝負には対応できませんでした。しかし、今回はコーナー4つの中山で、東京よりかなり上がりはかかります。鞍上も2度目で同馬のクセはつかんだハズで、5年前に当レースを制した、同厩舎で同馬主の先輩、プレイアンドリアルの後に続ける器と判断しました」

木谷「そう言えば、去年の今頃を振り返ると、戸崎圭騎手の重賞3連勝で盛り上がってましたし、アーモンドアイ伝説のスタートとなったシンザン記念も戸崎圭騎手でしたからね。去年の下半期は武蔵野Sしか重賞勝ちがなかったんですが、そろそろ…。なので、瀬古さんもオススメのリーガルメインに期待します」

デスク「木谷ももう少し素直に物を考えてみたらどうだ。今年の俺はちょっと違うぞ。ここは一番信頼できるジョッキーを。人気でもルメールのラストドラフトで勝負だ」

木谷「黙ってても人気になるから、というだけの理由でデム&ルメを蹴っ飛ばして買ってたりしていたデスクから、そんな言葉が聞けるとは思いませんでしたよ。まぁ、さんざん痛い目に遭ってきての悟りの境地かもしれませんが、いつまで続けることができるのやら…」

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル