今度こそ“まつり”を キタサンブラックがサブちゃんと菊の舞台へ

佐藤直文 レース回顧
ローズSセントライト記念

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

直線一気で大金星 タッチングスピーチ 【ローズステークス】

 2着は確保したとはいえ、こちらも1番人気のオークス馬が敗れた。そのミッキークイーンは、致命的な立ち遅れではなかったものの、浜中騎手がテンに急がせることなく後方を進んだ形。4角でズラッと並んだ馬群の外からグイグイと脚を伸ばし、最後は一緒に伸びた勝ち馬に突き放されたとはいえ、オークス馬の面目は保った内容だ。もちろん、本番の秋華賞でも勝ち馬が強敵となるだろうが、“トライアル仕様”の仕上げだった秋緒戦でこれだけの走りができたという点で、視界は良好と言える。

 勝ったタッチングスピーチは、500万を勝ち上がったばかりとはいえ、その前走は春のクラシック戦線に顔を出した同世代の馬たちが揃ったハイレベルの一戦だったものであり、その圧巻の勝ちっぷりからも今回の結果には驚けないだろう。初騎乗となったルメール騎手も、持ち味を最大限に生かした好騎乗だったが、本番の秋華賞は直線だけの競馬では厳しい京都内回りであり、どんな手を打ってくるのか興味深い。

タッチングスピーチ

タッチングスピーチがオークス馬を退けて優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 その本番で楽しみが増したのが3着トーセンビクトリーだ。今日のところは上位2頭の決め手に屈したが、終いまでしっかりと脚を伸ばしており、何より京都内回り向きの自在性があるだけに、逆転圏の一頭と言える。

 4着レッツゴードンキもけっして楽ではなかった流れを渋太く粘り、5着クイーンズリングも巧く立ち回っていた。6着アンドリエッテも久々で伸び切れなかったが、このあたりまでの馬は、次につながる内容であり、けっして本番でも見限ることはできない。

 なお、このサイトで土曜日にアップしている“TM座談会”だが、ローズSではタッチングスピーチの単複勝負を、そしてセントライト記念でも、何とキタサンブラックミュゼエイリアンの“行った行った”決着の馬券一点勝負を敢行した凄い男がいる。読まれていない方は、是非ともご一読を。

忘れずに買おう 次走の注目馬

 次走の注目馬だが、今週からは守屋&伊利TMセレクトの体制に戻すことにする。まず守屋TMの推奨馬は、中山日曜9R、8着リボントリコロール。直線で前が詰まって何もできなかったものであり、東京に替われば見直しが必要だ。

 伊利TMセレクトは、中山月曜9R、9着ラスヴェンチュラス。こちらも、いい形で直線を向いたところで、内に押し込められて前が詰まったもの。往年の脚に衰えが見られるわけではなく、これまた東京なら変わっていい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル