菊花賞、リアルスティールの信頼度は? 座談会では「逃げない」リアファルも人気

【激論!優馬TM座談会】
今週は菊花賞。春の二冠馬ドゥラメンテが不在の秋に、信ずべきは春の実績馬か、それとも新興勢力か。3000mという出走全馬が未経験の距離で、優馬TM陣はいかなるジャッジを下すのか。

優馬TM座談会
菊花賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皐月賞、ダービーと二冠馬に続いた春の実績馬たち

デスク「ドゥラメンテの三冠チャレンジこそ幻と消えてしまったけど、それ以外の春の実績馬たちが順調に駒を進めてきたし、新興勢力にも魅力的な馬が沢山。しかも、未知の距離という不確定要素があって、みんな予想冥利に尽きるんじゃないか? まずは春の実績馬。皐月賞2着、ダービー4着のリアルスティールだが、前走や状態については陣営はどう見ているんだ?」

細川「前走に関しては、負けていいわけではないですが、骨折放牧明けで、単なるリフレッシュ明けとは違いますからね。矢作師も、そういう意味で“上積みは大きい”と言っています。今週の追い切りは、馬の後ろで折り合いに専念しただけで“中レベル”でしたが、先週で“強レベル”の負荷をかけていますし、師も“非常に満足”とのことでした」

デスク「問題は、やっぱり距離なのかな」

細川「神戸新聞杯では折り合い面で成長を見せましたし、師も“どの馬も未知なんだし、力まないように走らせられれば、距離はもつと思う”と。“強みは心肺機能が高いところ”とも言っているので、スタミナ自体に問題はないはずですね。“二冠馬不在の中では最右翼の実績馬だから、責任は感じているよ”とのことなら、今回もまた人気馬ですが◎以外の印は打てませんでした」

須藤「皐月賞で持って行かれたことで、ダービーや前走では慎重に乗って前に届きませんでしたが、僕も言われているほど距離不安は感じませんね。先々は2000m前後で活躍する馬だと思いますが、同世代の戦いなら能力でこなせるはずです」

リアルスティール

最終追い切りはセーブした内容だったリアルスティール(撮影:日刊ゲンダイ)

武井「ただ、その能力ですが、今年のダービーが言うまでもないほど高いレベルだったことを考えれば、2着サトノラーゼンの方を素直に上と見るべきではないでしょうかねぇ。前走で株を落としたかもしれませんが、あくまで本番の距離を意識した折り合い重視のレース。結果、後手後手に回って力を発揮できませんでしたが、叩き台としては悪くなかったはずです。絶好の枠も引けて、今度は流れに乗るダービーのような競馬ができると見ました」

坂倉「先行勢のうちの2頭が大外枠を引いたことを考えれば、両トライアルのような落ち着いた流れにはならないと思うんですよ。そういう前提で考えれば、やはり一番の参考レースはタフな流れになったダービー。そのダービーと同じ内枠を引いたという点で、サトノラーゼンを信頼していいはずです」

那谷「先週の秋華賞ではレッツゴードンキで折り合いを欠いて大敗した岩田康騎手だけど、“セントライト記念は俺のミス”とキッパリと認めて、極めて前向きにリベンジを誓っていたぞ。“3000mはいいイメージしかない”とか、“とにかく状態は申し分ない”とか、リップサービスかと思えるほど強気だったんだ。その先週は、担当厩舎のワンツーフィニッシュを外すという、俺もまた痛恨のミスを犯してしまったから、岩田康騎手とともにリベンジしたいな」

加茂「ただ、長距離の適性という点では、陣営が“長ければ長いほどいい”と言うてるタンタアレグリアが一番やないかな。菊花賞と春天を合わせて淀の長距離GIを4勝もしとる蛯名騎手の存在も大きいやろ」

小野智「そう来たら私の出番ですね。6着と敗れたセントライト記念は、右回りがどうなのかを確認しつつ、久々を叩くのが目的だったレースで、蛯名騎手も“本番に向けていい感触を掴んだ”とレース後に語っていました。最終追いについても“全く無理せず予定以上の時計が出るんだから、凄くいいデキ”とゴキゲンでしたよ」

佐藤直「出遅れたダービーと中山コース以外では崩れ知らずなんだよな。まぁ、最終追いは少しやり過ぎかもしれんが、併せてトンコロを喰らったマッサビエルの小笠師が“タンタはかなり具合がいい”と言っていたらしいぞ。距離が延びて笑うのはこの馬だろ」

目黒「国枝厩舎お得意の栗東調整で、状態に関しては本当に申し分ないんですが、取材の感触で“本当に良くなるのはもう少し先”という印象も受けたんですよね…」

デスク「春の実績馬で、セントライト記念も勝ちながらTM陣の評価が上がらないキタサンブラックは、やっぱり展開と距離なのか。サブちゃんの“まつり”を聞きたい気持ちもあるんだがな」

「前走が展開に恵まれたもんであることは確かなんやけど、陣営は“無事に回ってきてくれれば”という秋始動戦やったんやから、そのぶんの上積みは大きいはずや。ダービーに関しても、“鞍上が先行馬という先入観から自分の型を大事にして、結果厳しい流れで崩れたもの。本来はどんな競馬でもできるタイプ”なら、同型が揃う点も心配はないと思うで」

小野智「北村宏騎手は、やっぱり“前で競馬をするだけ”って言ってましたけど、煙幕なんでしょうか。“1週前の追い切りで前走より一段上のデキになった”と、状態に関しては問題なさそうですけどね」

「距離に関して清水久師は“体型にしろ、レースでの折り合い、そして気性。どれを取っても壁があるとは思えないんだよ…、血統を見なければね”と。その“血”が問題なんやけどなぁ…」

目黒ブライトエンブレムも“評価を落とした春の実績馬”と言っていいと思いますが、前走のセントライト記念は、大外を回らされた上の前残りでしたからね。4月以来の実戦でコンマ4秒差なら、着順ほど悪くない内容でしょう。状態面の上積みも大きいはずですが、田辺騎手は“今の時計が速い京都の馬場はどうかなぁ”と言ってました。距離以上にそこが鍵でしょうね」

那谷「栗東に滞在している関東馬の中では、俺は一番気になっているけどな。至近距離から見るとピカピカの毛艶で、数字以上に体も大きく見せているぞ。高速馬場への適性に少々疑問符は付いても、マークは必要だよな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル