今世紀初の「天皇賞(秋)逃げ切りV」を狙うエイシンヒカリ 編集長の印は…

【優馬編集長日誌】
だからなんだ!といわれれば それまでですが、2週前の秋華賞に ちょっとした秋天のサインをみつけてしまいました。今週は秋の天皇賞、良くも悪くも逃げ馬エイシンヒカリが気になります

優馬編集長日誌
天皇賞(秋)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2枠のキタサンブラック おめでとうございます

 そろそろ当てたいと思っていた菊花賞は キタサンブラックに してやられた。先週の当欄で注目した3頭の中では リアファルが中身の濃い内容で3着に踏ん張ってくれたものの、1番人気の馬だけに威張れはしない。しかし、キタサンブラックはブラック故の2枠。そんなことをいったら、レッドソロモンもレッド故の3枠だったといわれてしまいそうだが、キタサンブラックを買おうと思っていた人の中には “よし黒の2枠だ” などと背中を後押しされた人もいるのではないか。

 私も狙った馬が誕生日の馬番に入ったりすると後押しされてしまって ついつい思い切って買ってしまうことがあるが、これが 大抵 裏目に出る。ギャンブル好きの悲しい性か。それはともかくキタサンブラックで儲けられた方、それ以上に北島三郎さんを含めた関係者の方々、おめでとうございます。

 そういえば、昔は正月の金杯で “金” や “ゴールド” の銘柄を探したものだ。正月の金杯は縁起担ぎという側面もあるからだろう。もちろん、そんな理由で紙面に◎を打ったりはしないが、印を打たなかった馬でも気になってヒモに買ったりしたものである。

 金杯に限らず大レースともなると そういうことは気になるもので、結果が出たあとに 後出しジャンケン的に “実は…” などと威張っていう輩も少なくない。そういうことも競馬の楽しさ、いい話のネタになるので否定はしないが、キタサンブラックの2枠のように こじつけようと思えば結構できたりするものでもある。

 くだらないと笑われることを承知で続けよう。実は2週前の秋華賞の枠順を眺めていて気付いてしまったのだ。秋華賞の7枠に入っていた馬は “アスカビレン” “キャットコイン” “テンダリーヴォイス” の3頭。頭文字をつなげたら “ア” “キ” “テン” になった。おおっ、2週前のGIに こんなサインが!とまでは思わなかったが、結構 気になっていたりする。当日の新聞ではなく2週前、それもGIというところが何とも…なのだ。先ほども述べたように そんなことで予想印を捻じ曲げたりはしません。ただ、7枠の馬に印を打つか打たないかに関わらず、せっかく気付いたのだからヒモには買うかもしれないなぁ…とも。ちなみに、この原稿を書いている段階では枠順は未確定。もし7枠の馬が馬券になって このことを来週の原稿に書いてしまうと “後だしジャンケン” になってしまうので、今のうちに書いておこうと思った次第です。7枠の馬が来るとはいってません、念のため。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル