対アーモンドアイに秘策あり? ジョッキーは「スゴさ」体験済み

この馬GoodBad
安田記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

ダノンキングリーは「GIを勝つならココと思える東京コース」がGood

最終ジャッジは俺に任せろ 美浦調教班&本紙担当・武井TM
「以前はポリトラックで行っていた最終追いを、今年に入ってからDウッドでやれるようになり、体質強化は明らかです。そして更に今回は、最終追いでリラックスさせることに重点を置いたこれまでの単走ではなく、僚馬ノームコアと併せての猛調教で、これだけの意欲的な調教ができたのも、具合のいい証拠です。マイルCS、大阪杯とGIでは人気に応えられない競馬が続きましたが、ともに関西への遠征で明確な敗因もありました。そのGIに手が届くとすれば、ベストのパフォーマンスを見せられる東京でこそだと思いますし、チャンスは十分あるはずです」

ダノンキングリーは「前走からの条件好転」がGood

美浦・萩原厩舎担当 小島TM
「前走の大阪杯については“逃げる形は悪くなかったが、目標にされたわけだし、距離も微妙に長いのかな。それでもあの着差なら、内容には満足している”と、師は振り返っていました。本当は1800mのGIがあれば…と言ったところでしょうが、得意の東京ならマイルでも条件は好転しますし、何よりアーモンドアイとは未対決というのも魅力があります。取材の感触は非常に良かったですよ」

ダノンキングリーは「戸崎圭の体験」がGood

冴え渡る姐さんの勝負勘 小野智TM
「まずは、新馬戦以来となる東京マイルの舞台についてですが、戸崎圭騎手は“色々な距離やコースで結果を出している馬だけど、東京のマイルはベストだと思う”と言ってました。状態も凄くいいとのことで、あとは初対決となるアーモンドアイとの力関係となるわけですが、実は3歳時のシンザン記念で戸崎圭騎手は一度跨いでいるんです。“自分で勝手に動いて行って、凄い馬だと思いましたよ”と、当時を振り返っていましたが、アーモンドアイの凄さを身を持って体験していること自体は、けっしてマイナスには働かないはずで、どうすれば勝てるか、というプランも立てやすいはず。勝負になっていいと思いますよ」

ダノンキングリー

ダノンキングリーの鞍上は復帰後初のGI騎乗となる戸崎圭騎手

ダノンキングリーは「マイル適性への疑問」がBad

これだけメンバーが揃うとなると… 馬場TM
「マイル戦は昨秋のマイルCS以来となるわけですが、そこでの5着は、馬場の荒れた内を通らされたことを差し引いても、ちょっと物足りない内容だったと思いますし、2歳時には能力でこなしたとはいえ、マイルの距離適性自体に疑問符が付きます。そのマイルCS当時と比べても相手のレベルが高くなるここは、手を出しづらいですね」

ダノンキングリーは「脚の使いどころの難しさ」がBad

ここは自信の無印で 田崎TM
「勝つだけの力はありながらGIでは詰めを欠いてしまう現状ですが、脚をそう長く使えるタイプではないので、最後に甘くなってしまう印象を受けます。ド・スローになっての上がり勝負や、毎日王冠のように出遅れて後方から一瞬の脚を使う、といった極端な競馬でないと勝てない気がしますし、いずれにしろ脚の使いどころが難しいタイプですね。アーモンドアイを筆頭にGI馬がズラリと揃ったこのメンバーでは、厳しいと思います」

優馬プレミアム 事前登録受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル