イスラボニータ蛯名の“負けない顔”に◎ 騎手の裏コメント満載!マイルCS座談会

優馬TM座談会
マイルチャンピオンシップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週もまた重賞未勝利馬が… フィエロ&サトノアラジン

デスク「今回はGI馬が出走馬の半数を占めているものの、中にはちょっと終わった感がある馬もいて、むしろ重賞すら勝っていない有力馬もいるよな」

持木フィエロは重賞未勝利とはいえ、昨年の2着馬ですから格で見劣りはしませんし、その昨年とほぼ同じ状態で駒を進めてきましたからね。京都のマイル戦は、スムーズさを欠いた今年のマイラーズC(3着)以外、オール連対のベスト条件ですから、先週のエリザベス女王杯のように、初重賞制覇がGIとなる可能性も高いと見ています」

佐藤直「その昨年と同様に差し馬向きの馬場になってきているのも追い風だよな。本質的に距離が短いスワンSでも、測ったような末脚だったし、マイルの舞台でミルコも2度目なら差し切れると思うぞ」

「直さんの言うとおり、スワンSは“初めて乗るミルコが、本番のために課題を持ちながら色々と確かめてもらった意味合いのレース”と、藤原英師も言うてはったわ。そのミルコも“イメージ通りの馬。距離が延びて乗りやすくなるし、いい感触で本番へ臨めそう”と。安田記念は4着どまりやったけど、下り坂を利して脚を使える京都がピッタリの馬やから、今年も信頼していいんとちゃう」

フィエロ

昨年はハナ差の2着で悔し涙を飲んだフィエロ(撮影:日刊ゲンダイ)

那谷「俺は同じ重賞未勝利馬でも、サトノアラジンの方だな。中山の短い直線で上がり32秒7という凄い数字が示すように、追ってからの反応が良すぎるくらいの馬。久々もあったけど、ラスト50mで脚が上がってしまった前走を見ても、中山や直線がフラットで惰性の利く京都の方がいいんじゃないかな。“東京の直線は長すぎる。京都の方がいい”というルメール騎手の発言も、そういう意味だと思うぞ」

吉田「那谷さんが言うてはる中山での上がり32秒7は、4走前でっしゃろ。準オープン戦とはいえ、あの脚はGI級やったと確信してますわ。他の競馬場ならまだしも、中山であれだけキレる脚を見たのは、デュランダル以来ですわな」

上田「マイルでは4戦2勝、2着2回で、その2着はともに休み明け。4走前の強さもさることながら、もうひとつの勝利はノーステッキで楽勝した新馬戦だからね。マイル適性の高さと、一叩きされて臨むという点で、ここは底知れずの強さを発揮してくれると思うよ」

小桧山「大トビだから先週のような馬場ではどうかと思うけど、幸い天気はもちそうだしな。前走は久々を思えば上々の内容だったし、今回出走できていればたぶん◎にしたダノンプラチナとクビ差なんだから、俺の目に狂いがなければ勝負になる計算だぞ」

デスク「最近のことを忘れる、と木谷には言われたが、去年勝ったことは覚えているダノンシャークはどうなんだ。もう7歳だけど、8歳で勝ったカンパニーの例もあるしな」

広田「春は故障などの影響で思い通りの調整ができんかったのに対して、この秋は順調そのもの。イスラボニータとそう差のなかった前走に関しても、岩田康騎手は“納得のいくレースができたし、次に繋がる競馬だった”と胸を張ってましたわ。肝心の状態についても“昨年よりも間違いなくいい。瞬発力勝負なら負けない自信はあるし、あとは折り合いだけだね”と、手応えアリの様子やったで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル